ここまで来たら、「今年も1年、なんとかやってこれた」と思う

大切なポイントをメモ

本日は午前中に仕事を片付け、午後は契約している税理士事務所へGo。

1年の収入がほぼ確定したので、来年かかってくる税金の話等をしに行ってきました。

終わりよければすべてよし

結論からいって、年収は微増程度と、前年よりはマシだったですが、業界でいろいろ変動があったため、今後安心できる状況ではないのが現状。

そのため、来年は今以上に創意工夫が試される1年になりそうですし、自分としても、これを機会に更なる成長を心に決めています。

とはいえ、2017年の見通しがたち、おまけに次からは税理士さんが青色65の方できっちり税務処理をしてくれた結果、税金の件に関しては今年より来年は多少マシになりそう。

正直なところ、税金の使い道が本当に正しい使い道がなされているのか、疑問に感じることはたくさんありますが、税金を納めるのは国民の義務。

毎年、正直かつマジメに税金を適正な範囲で支払っていきたいと思っています。

お金を次の仕事に生かすために

個人的には様々な幅広い仕事に取り組んでいるため、税金を払いつつも、必要な経費だけはしっかり確保しておきたいところ。

結局何事も先行投資が必要なので、そのお金だけは、ケチらずに投資していきたいと考えています。

そんな感じで、何はともあれ、1年としてはまぁ失敗もいろいろしましたが、仕事の面では2016年よりも前進できた。それだけは良かった。

しかし、今は決して余裕を持ってはいけない時期。一寸先は闇で、これから何がどうなるか、何の保証もありません。

この意味で、フリーの不安定な暮らしを実感していますが、常により良い道は見いだせるはず。自分がやるべきことを継続して片付けつづ、納得できる年末を目指したいところです。

フォローする