『仁王』無間獄50層まで踏破した感想

仁王の道」をコツコツ攻略、複数ボス系のミッション以外は楽にクリアできるくらいの火力と装備を手に入れたので、「手を出すまい」と思っていた無間獄に挑戦してみることに。

YouTubeで動画を見ると、かなりめんどくさそうな印象がありましたが、20層までは案外サクサク。

その後、念のために属性100%&飛び道具ダメ100%カットの楯無装備を作ったところ、なんだかんだで、50層までは特に詰まることなくクリアすることができました。

てこずったのは伊達成実のムカデVerと、石田三成、大谷吉継、真田幸村くらい。

無間獄

無間獄の流れとしては、ボス部屋へ行き、強そうなボスならさっさと不利な条件を解除に行き、最後にボスを倒すという流れ。

ランダムで宝物庫というラッキーゾーンがあります。50層までで、2回宝物庫に当たりました。

そんな感じで、いろいろストレスがたまるゲームではあるものの、ついついプレイしてしまう中毒性というか、面白さがあります。

攻撃力が4000を超えてくると、いわゆる稼ぎ場でもサクサク回せます。

あっという間にレベルもMaxに到達。

補正をかけられるようになります。

そんな感じで無間獄は案外楽しめています。

ステータスはこんな感じ。ヤリ凸撃マンの道を極めていきます。

それと、属性完全カット&飛び道具全カット装備最高。

これがあればゲームが別物になります(というか無間獄はこれがある前提の難易度になっています)。

この調子で無間獄はせめて100〜150層くらいまでは行きたいところ。

そのために今はイザナギ揃えを集めるためにマラソン中。

良い装備を作れば結局ボスを瞬殺できる(というかそれが攻略の最善の解法)ので、結局はテクニックより装備ゲー。

装備を完成させ、楯無5+イザナギ4+その他2の装備で早くオレTSUEEEEEEをしたいところです。

『仁王』無限獄100層まで到達した感想

フォローする