入居審査合格。保証会社不要で今回は一安心

やったぜ!

昨日無事、賃貸の入居審査をパス。

今回は保証会社不要で審査で心配になることもなく、あれこれ書類の提出を求められることもなく、スムーズに入居審査を突破することができました。

審査に通るまではやっぱりいろいろ不安を感じますが、正式に審査合格が決まったら一安心。これで物件探しは終了できます。

入居審査で辛酸をなめた経験から

前回は、物件は希望に近いものだったものの、入居審査に当たっては物件の管理会社の社長に「屋号も持っていない人間は信用できない」だの、「保証会社だけでは信用できないので保証人を2人つけてくれ」など、入居審査で注文の連続。

こちらは事前に収入証明や銀行口座の通帳、税金の納税証明など事前準備をきちんとしていましたが、あれこれ難癖をつけられ、挙句「契約者は別の人(連帯保証人)にできないか?」とまで言われる始末。

ほんとまぁ、「なぜそこまで疑われなければいけないのですか?」と納得できない状況があったものの、部屋自体は気に入っていたし、何よりわざわざ名古屋から札幌まで物件探しに来て物件が契約できないのは一番避けたかったこと。

そのため前回は是非もなし。管理会社の姿勢に不信感を抱きながらも契約しましたが、今回話は別。

すでに札幌で暮らしを始めており、十分に物件を探す時間があったのでその失敗(物件だけでなく管理会社の評判もチェックすること)を生かした物件探しをすることができました。

おかげで今回は管理会社から保証会社やら書類やら要求されることは一切なし。おまけに保証会社なしで審査に通ったのは本当に良かった。

入居審査は管理会社次第

それにしても、賃貸の入居審査と言っても本当に千差万別。

今回も前回同様、きちんと家賃を支払える能力を証明するための書類を事前に用意して、入居審査に望みましたが、それを精査した上で「保証会社不要」と信頼してもらえたことは、とてもありがたいことだと感じています。

本当に賃貸の入居審査は管理会社によって随分違うことを実感します。きちんと誠意を見せても「信頼できない!」という管理会社もありますからね。

ということで、札幌暮らし二度目の賃貸探しも終了。あとは契約書にサインをして、必要な費用を振り込むだけ。

それと引っ越しの見積もりや今の物件の様々な契約(ネットや水道光熱など)の手続き等、これから忙しくなりそう。

さぁて、これからは新しい物件に引っ越して心機一転。さらに札幌でしたいこと、実現したいこと、1日1日、理想の暮らしへ向け、前進していきたいところです。

コメント