『仁王』DLC「義の後継者」クリア&悟りの道を半分進めた感想など

昨日は死にゲーとしておなじみの『仁王』のDLC第二弾「義の後継者」の発表日。そこでさっそくDLCをダウンロード、修羅の道で挑戦。

5度目の挑戦で無事ラスボスを撃破。

めちゃくちゃ強いボスでしたが、理不尽感がなく、動きを見切ればなんとか勝てます。個人的にこういう正統派のボスは好き。

幸村撃破

ということでDLC第二弾をクリア。DLCエリアは道中も長く、おまけに殺意もMAXでやりごたえがあります。

クリアトロフィー

DLC本編よりも重要なのが今回追加された「悟りの道」というエクストラハードモード。

まぁ「修羅の道」が前回のDLCで登場した時点から、また新しい難易度が追加されることは予想できていましたが、難易度がどんどんインフレしていきます。

とりあえず九州を制覇。

悟りの道 九州編

最終的には東海まで来ることができましたが、このエリアの「東国無双」で詰んだところで終了。

ここで装備品を稼ごうと挑戦したところ槍の一突きでワンパンされ、1000万ソウルアムリタをロスト。

修羅の道までは最弱を極めたボスでしたが、「悟りの道」で大幅強化されたらしく、硬い、おまけに自己回復までするという極悪なボスに生まれ変わっています。

やはり、ワシのハメが通じなくなったのが痛い。

防御力3300、ダメージカット30%を超えているにも関わらず、何を食らってもワンパン(一撃5000ダメージ)で殺されるため、かなりきついです。

攻撃力2300のこちらの一撃が2000~2500なのに、回復されると毎秒3000くらい回復されどうにもなりません。

悟りの道 東海編

こんな感じで、「悟りの道」は「修羅の道」を更に鬼畜にした難易度になっています。

「悟りの道」について

面白いのは、モブの強さが強化されているだけでなく、モブの配置と新モブとか追加されているので、新鮮な感覚でプレイできます。

追加モブ

「悟りの道」で手に入るのが神宝と呼ばれる最上位の装備品。

神宝ドロップ

以前は緑が最上位でしたが、オレンジ色の装備が登場。緑より更に基本スペックが高い内容になっています。

神宝の能力

また新たな揃え効果も追加。最終的には緑装備はゴミになりそう。

神宝の防具

あと新しい防具も追加されています。このシリーズはかなり良さそう。

新しい防具

難易度について

それで肝心なのが「悟りの道」の難易度。

このモードでは人型や小型モブには基本2~3発、大型モブや赤モブにはワンパンされる難易度になっています。

赤モブは良い装備を落とすので積極的に狩りますが、油断すると一瞬でやられてしまいます。

赤モブ

ただ良かったのは、一部のリンチ系ミッションのバランスが改善されたことです。

九州の「覇王と官兵衛」とか中国の「仁王の末裔」とか、集団で敵がリンチしてくるミッションが以前に比べソフトになった気がします。

敵が湧くスピードが遅くなったのか?よく分かりませんが、ここはバランスが良くなった改善(調整)されているように思います。

鬼畜ミッション

ちなみにプレイしたキャラはこのような感じ。火力2300で、それほど火力不足は感じませんが、もっと攻撃力が上がれば「悟りの道」もなんとかなるか?

キャラの装備

しかしホント、アップデートのたびに防御力の意味が分からなくなります。防御力3300、物理カット30%でもワンパンですからね。

「悟りの道」とはいえ、近畿編まではまだいけましたが、東海編からかなりきつい。

これ、立花と本多(ワシが弱体化した今、この組み合わせがヤバイです)とか、信長と帰蝶とか、複数ボス戦勝てるのか?

キャラのステ

ということで、心が折れない限り、「悟りの道」はなんとか進めていきたいところ。

単純ですが、装備を集めてキャラを強化する。そこは本当に面白いです。

難易度はどんどんハードになって殺意マックスで殺しにきますが、装備を強くしてキャラを強化できれば、きっと悟りの道もクリアできるはず。

そう信じて前へ進めていきます。

コメント