札幌で暮らしていると、無性に日清の焼きそばが恋しくなる

焼きそば料理中

本州から札幌に引っ越してきて2年目。

住みやすい街に美味しい料理、北の大地での暮らしをとても満喫している日々ですが、最近どうにも恋しくなるのが「日清焼きそば」。

札幌ではマルちゃんが強いらしく、近所のスーパーに行っても売っているのは「やきそば弁当」(道民のソウルフードらしい)ばかり。

琴似のイーオンでも極稀に「日清焼きそば」が売っているときがありますが、ほとんど目にする機会がありません。

札幌では焼きそばはマルちゃんがダントツ強いようで、特に焼きそばはマルちゃんの独壇場。

日清はせいぜい「カップヌードル」とか、「ラ王」とか、「出前一丁」とか、ラーメン系の商品しか置いていないのが寂しいです。

今日もスーパーに買い物に行ったものの、あるのはマルちゃんの焼きそばばかり。生まれてこの方、焼きそばと言えば日清派でずっと来ていた私としては、あの味が恋しくて仕方ないこの頃。

あと、「ペヤング」もスーパーではなかなかお目にかかれません。「ペヤング」も懐かしくて恋しい。)

それでAmazonで「日清焼きそば」を注文しようとしましたが、値段を見て仰天。「高すぎだろう」と躊躇してしまいます。(地元のスーパーならもっと安い!)

しかし結局のところ、札幌で「日清焼きそば」を食べるにはスーパーが仕入れるのを待つか、ネットで購入する以外なさそう。

ということで、Amazonで注文すべきか我慢すべきか、悩み中。やっぱり焼きそばと言えば日清。あの味が恋しいなぁ。

コメント