人生の転機になるのは30歳前後?「このままでいいのか」と悩んだときはどうすればいいか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩む男

先日、札幌に引っ越して以来ずっと通っている美容院に行くと、担当の美容師さんが元気なさそうな様子。

そこでいろいろ話をしていると、彼は2016年にちょうど30歳で、どうやら、美容師の仕事をそのまま続けていいかどうか、別の道がないか、悩まれているよう。

まぁ30というと、確かにいろいろ悩む年齢だと思います。

実際私も、30歳になったばかりのときに仕事を辞めて旅に出て、30歳にフリーランス(独立自営)として生きていくことを選択して、今に至ります。

なので、自分の経験を振り返って、30歳前後は、将来について悩むタイミングというか、人生の転機があるのかもしれません。私もあの頃は本当に悩んでいたなぁ。

そう考えると人生、本当にどこでどうなるか分からないもの。

悩んだとき=人生の転換期

悩むというのは、きっとそこには根拠があります。

30前後で悩むのはたいてい仕事のこと(自分の将来のこと)だと思うのですが、ダメな仕事、続けるのが無理な仕事って、やっぱりどこかで無理があるのだと思います。続かないですよ、無理なことは。

それで自分には何ができるのか、どんな道なら生きていくことができるのかを考えていくと、多分それは見つかります。「もうこれしかない」と思った道が、進む道なのだと思います。

上手くいかなくてどうしようもなく悩んでいる時期はどん底で、そのときは視野が狭くなっているからなかなか周囲、自分のことが見えていないのだけれども、自分の可能性を決めつけないで、いろんな可能性に目を向けると、何とかなります。

本を読んだり旅に出て自分の人生を振り返ったり。そういうことをしていると、「何となくこっちへ行ったほうがいいんじゃないか」というサインが出てきます。

そっちへ進んでいくと、もちろん途中に問題や悩みがいろいろあるものの、「人生こんな展開が待っていたのか、あぁ、頑張って良かったな、これで良かったなぁ」というときが来ます。

私も、20代のどん底の頃は、自分が今の暮らし(フリーランス+札幌暮らし)をするなんて、考えてもいませんでした。なので、本当に人生はどこでどうなるか分からない。

30歳の誕生日、「俺の人生はなんでこんなにハードモードなんだ」と暗いことばかりでしたが、人生は不思議なもの。底さえすぎれば、いろいろ状況が良くなってきます。

柔軟さに勝る武器なし

こんな経験をしていると、たしかに「仕事でやり直しがきくのは35歳まで、40歳までに何かで結果を出せばいい」という話は案外本当なのかもしれません。

案外、本当の人生は、「こうすべき、こう生きるべき」を諦めたあとに見つかるのかもしれません。それは、思っていたのより、きっと快適で、自然で、自分らしい生き方になると思います。

今の時代、スムーズに、何の問題もなく生きるのはかなり難しいことだと思います。昔のように、「一つの会社に勤めたら人生安泰」なんてことはないです。

(むしろ、学校会社、何の問題もなく進んできた人ほど、実はヤバイのではないのでしょうか失敗経験がないと、いつか、一度の失敗が致命傷になりそうな気がします。)

悩みつまづき失敗する。そういう挫折体験があるからこそ、人生の視野も広がるし、人生思いどおりにならないけれど、思いどおりにならなくても何とかなることが分かります

思い通りに人生が進まなくても、実は何とかなる。

そのことを知っているか知っていないかは大きくて、だからこそ、悩み迷うことに、意味があるのだと思います。

決断は思い切らない、ただし

ただ一つ言えるのは、30歳前後の決断が、今後の人生を左右する、ということです。この影響はかなり大きいと思います。

多分、我慢できる程度の不満なら、転職とか、新天地に引っ越して人生やり直しとか、そこまでする必要はないと思います。

「今の仕事をしていると確実に人生がダメになる・・・」

「もうどうしようもなく我慢できない・・・」

そういう状態まで悩むのであれば、人生の棚卸しをして、新しい道を模索するのも一つではないでしょうか。

私も場合もまさにそれで、実質、心身がダメになって、転職を強いられたような状態でした(まぁ、結果的にそれで良かったのですが)。

頑張っても続けていけない、体がダメになってしまう。そこまできたらそれ以上頑張る理由なんてないです。無理なことは無理なんだから、降りてしまえばいい。そこから見えてくることがあるはずです。

降りてしまうことで、多分、それは自分が予想していた未来とは違うものになるかもしれない。でもそれはもしかしたら、自分が思っていたより良い未来かもしれない。

何せよ、人生は一度切り。後悔のないよう、とことん悩んで、答えを出したいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする