札幌暮らしは冬の光熱費にお金がかかることを実感

支払い

月のこの時期は、毎度ガス会社からガス料金の検針票が届く季節。

2016年に入ってガス代がグーン!と上昇、冬の時期は本当にガス代にお金がかかることを実感しています。

11月が6,000円くらい(36m3)

12月が11,075円(91m3)

1月が14,733円!(使用料は忘れました)

2月が13,823円(128m3)

と、ガス使用量に比例してガス代もアップ。

水道代(月2,000円~2,500円)や電気代(月5,000円~9,000円)と比較すると、やっぱりガスが一番お金がかかります。

札幌に引っ越す前、「札幌は家賃が安いけど、冬の時期にガス代や灯油代、光熱費でお金がかかるよ~」という話を聞いていましたが、確かにそれは正しい感じです。

(会社勤めの人は灯油代等のための「寒冷地手当」なるものがあるそうです。)

まぁ、

・シャワー朝晩

・風呂週3回

・自炊のためキッチンでガスをバンバン使用

・ガス暖房

と、これだけガスにお世話になっていれば、それは仕方ないのかも。

最初は、「このガス料金マジかよぉ~」と驚いていたのですが、私のマンションの場合、ガス暖房なので、灯油代が一切不要。

ガス料金をガス代+灯油代(普通は3,000円~5,000円かかるらしい)と考えると、「仕方ないかなー」と思っています。

(でも、都市ガスでも冬はそこそこお金がかかってしまうので、これがプロパンだったら料金がやばくなりそう・・・)

まぁ、今は2月。寒い冬さえ乗り越えれば、ガス料金も下がっていくはず。

1月2月の寒い時期、暖房をケチったらやっぱり死ねるので、12月~3月くらいまでガス代が高くなってしまうのは必要経費なのかも。

寒さを我慢するのは無理なので、快適さにお金を払うと思って、春を待とうと思います。