2016年大河の真田丸はちょっと楽しみ

NHKを見ていると、2016年大河ドラマの「真田丸」の舞台裏、製作模様が放送されていました。

公式

URL:http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/

それを見ると、今ちょうどハマっている「信長の野望 創造」の3Dマップが使われていたりして、なかなか面白そう。

何より、三谷幸喜さんが脚本を担当されていて、それも楽しみ。三谷さんのドラマはあまり見たことがないもの、映画はどれも面白くて、「マジックアワー」や後北条家の落ち武者の幽霊が出てくる「ステキな金縛り」は特にお気に入り。

「真田丸」のキャストを見ると、信繁は堺雅人さん、信繁の兄の信之は大泉洋さんなど、例年の大河とは一味違う感じ。

人物相関

何よりあの真田信繁が主人公。戦国最後の名将とあって、どうしても期待してしまいます。

とはいえ、私は徳川びいきなので、「真田丸」では家康が悪いキャラになるのは避けられないので、そこだけが心配。盛り上がるのは関ヶ原の上田攻防戦と、大阪夏の陣の信繁が家康本陣へ突撃するシーンだと思いますが、さてさて、どうなるか。

そういえば、信繁突撃のシーンのことを思い出すと、戦上手の家康が本陣を脅かされたのは人生2回、いずれも武田家の由来の赤備え部隊。

一回目は三方原での山県昌景の赤備え部隊、そして2回目は真田信繁の赤備え部隊。歴史は繰り返す因縁があって、家康にとって、赤備え部隊は、家康にとって死神なのかもしれません。

コメント