楽器屋でギブソンのハミングバードとヤイリのメイプル合板モデルを弾き比べしてきた結果

Gibson ギブソン ハミングバード エレアコギター Hummingbird Modern Classic Heritage Cherry Sunburst

2015年3月&4月の札幌滞在、訪れた札幌駅周辺の楽器屋さんで、ヤイリのメイプル合板のギターを発見。そこで試奏させてもらったのですが、なかなか音が良かったです。

弦を鳴らすと、シャッキと音が反応、軽やか、しかし明確の音が出て、「合板でもなかなか悪くないな」と感じるギターでした。価格も、単板のギターに比べリーズナブルだったので、コスパを考えれば、なかなかお得。

とはいえ、やはり長く付き合うギターは単板モデルの方が付き合う甲斐があるかも。

ヤイリのギターを試奏させてもらったついでに、ギブソンのハミングバード(サイド&バックがマホガニー)も試奏。やっぱり、音の深み、低音、ボリューム、ギブソンの方が味わい深かったのが正直なところ。

特に違うのは音の重圧感

同じドレッドノートタイプのギターでも、「合板と単板はこうも違うのか!」というくらい、音の厚みが違いました。メイプル合板とマホガニー単板、素材の違いを考慮しても、やはり音の広がり、厚みは全然別物。

合板モデルは丈夫な反面、弾き込んでもあまり音が変わらないという話も聞いたことがあるので、長く付き合ってギターを育てていくのなら、やはり単板モデルを愛用するのがいい気がしました。

まぁ価格が約2倍くらい違うので、音の違いが出て当然と言えば当然かもしれませんが。)

ヤイリのメイプル合板

・軽やかでレスポンスの良い音が出る。

・音が独特。

・音はあまり広がらない。

ギブソンのハミングバード

・ストロークが気持ちいい!

・J-45に比べ音に重圧感がある。

・低音域の響き良し。