ドメインを変更して1年経過して気がついたこと

1年前の2014年12月14日、順調にブログを更新していたものの、ふと気まぐれに「ドメインを変えてみよう」と思いつきドメインを変更

ドメイン変更当初はアクセスダウンインデックス減少などいろいろありましたが、それから1年が経過。長い目で見ると、ドメイン変更の影響は特に問題がないということが分かりました。

ドメイン変更後の1ヶ月、順調だったブログのアクセス数が激減したものの、ご覧の通り、減少後は右肩上がりにアクセスが増加。

アクセスの変化

インデックスも順調。

グーグル神のインデックス数

ドメインを変更することで、一時的にアクセスは下がり、それまで獲得したナチュラルリンクが無駄になってしまいますが、きちんとブログの更新を続けていれば、影響は微小。

ドメインを変更しても、長期的に見ると、大した影響はなさそうです

一般的に、よほど理由がないかぎり、一度公開したブログのドメインは変えず、永続的に運用していくのが鉄則ですが、時に、「このドメイン名、何となく気に食わないな・・・」ということがあるかもしれません。

そういうとき、一時的なブログのアクセスダウンさえ許容できれば、思い切ってドメインを変えてみるのもありかなと思いました。

ただし、今既に上手くいっているブログやホームページのドメインを変更するのはご法度です。)

もちろん、ドメイン変更によるワードプレスの設定等の手間が究極的に面倒なので、ドメイン変更はしないにこしたことはないのですが。

とりあえず、ドメインを変えてから1年、後悔はありません。さすがにもうこのブログはドメインを変更することはありませんが、備考として書き残しておきたいと思います。