昔の友だちだからこそ、共有できるものがある

名古屋駅

昨日は高校時代から付き合いのある友人たちが私の札幌行きのお別れ会を企画してくれ、夜から明け方まで、名古屋の街で飲み会。

名古屋駅で遊んだあと、母校最寄りの居酒屋へ集まり、昔話、今の話、将来のことに話が咲きます。

集まった友人たちはみな30を超えて、その多くは既婚者に。

既婚者の友人たちは皆子どもが生まれ、「そうか、そういう年なんだな」と実感。知り合ったのは10代の頃。それから随分時間が経ったものです。

10代という多感な時期に知り合った友だちと、社会人になっても顔を合わして、過去共有した時間のこと、将来のこと、肩凝らずに話せる。このことは本当に貴重な時間だと思います。

社会人になると、いろんなものが絡むせいか、10代の頃のような人間関係が作りにくくて、ちょっと寂しい気もします。

でも、だからこそ、10代の頃の時間を共有した友人たちは、貴重なものなのかもしれません。本当に楽しい時間でした。

さて、高校時代の友人たちと話ができ、あとは先へ進むだけ。

これからの札幌での新しい暮らしで何が待っているのか、どんな経験ができるのか、どんなことを学ぶのか、気持ちをそちらへシフトさせていきたいと思います。

フォローする