2014年ブラジルワールドカップも、もう終わってしまう

fifaのサイト

明日7月14日の朝で、2014年ワールドカップブラジル大会が終了。今回は、連日連夜、見れる試合はほとんどリアルタイムで試合を見てきたため、生活が不規則になってしまいました。

日本やスペインの一次リーグ敗退、ブラジルのボロ負けなど、予想外の試合がたくさんありましたが、ドイツとガーナの名勝負やメキシコのGKオチュア、オランダのFWロッペンの超人的な突破力など、ワールドカップを楽しませてもらいました。

2014年のブラジル大会はもう終わりますが、個人的には、日本のほか、ドイツ代表を応援してきたので、明日の決勝戦がどうなるか、ワクワクしています。

今度こそドイツは優勝できるか

ドイツが決勝戦を戦うのは、2002年の日本大会以来。あの頃のドイツはクローゼのほか、オリバー・カーンら名選手がいましたが、ブラジルに敗北。試合終了後、カーンがゴールポストでうなだれている姿が印象的でした。

結局、2002年はカーンの名プレイが見たくて、ワールドカップ終了後の8月、バイエルンミュンヘンの試合をアリアンツ・アレーナ(Allianz Arena)で見てきましたが、あの時以来、ワールドカップではドイツ代表を応援しています。

今回のドイツ代表は、GKのノイヤーの活躍がすごいですが、明日のアルゼンチン戦ではどんなプレイが飛び出すのか、楽しみで仕方ありません。キックオフまでしばらく。このままでは眠れそうにありません。

追記

前半後半延長線と緊張感溢れる目の離せない試合でしたが、見事ドイツが24年ぶりの優勝。

ノイヤーにフンメルス、ラーム、クローゼ、ミュラー、エジル、点を取ったゲッツェ、どの選手もすごかったですが、延長のシュヴァインシュタイガーのガッツプレイは本当にすごい!おめでとうです!

乾杯のaa

コメント