音楽で癒やされたいときに聴きたい菅野よう子名曲まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信長の野望・覇王伝

初期「信長の野望」シリーズのサントラや「花は咲く」などで有名な作曲家、菅野よう子さんの名曲まとめです。

美しくて情緒的、どこか遠くへ誘われてしまうような、音楽の癒やしの力を味わえる曲が満載。夜の静かなひととき、音楽に癒やされてリラックスしたいときに。

【ボーカルあり】

・Strangers

この曲は最高。流れるような美しいメロディー、都会暮らしでふと感じる、「寂しさ」を表現したようなサウンド、夜に聴くと心を激しく鷲掴みされます。

・Sora

まるで子守り歌のようにノスタルジックで優しげ、しかし力強さを感じる曲。柔らかいボーカルにソフトで穏やかなピアノ、疲れたときはこの曲でゆったりまったり。

・Moon

祈りを込めたような敬虔さが感じられる曲。何より、美しいメロディーに癒やされます。

・Aqua

広大で壮大、音楽がまるで広い空、宇宙を表現しているような曲。夜、星空でも見ながらこの曲を聴くと、何とも言えない解放感を感じることができます。

・Because

「テルーの唄」でお馴染み、手嶌葵さんがボーカルを担当している曲。ゆったりソフトな曲から口直しに。

【インストロメンタル】

・Flowery Wind

聴くだけで気持ちが安心できる、安らかな気持ちになれる曲。音楽が静かに流れる時間のなか、ゆったりと安心できる空間を作り上げています。

・Forgotten Hero

信長の野望「臥龍」のピアノver。和を感じるシンプルで最高な美メロがココに。

・Land Of Luxury

聴くとワクワクしてくるエキゾチックな曲。未知への世界、見果てぬ新しい世界への希望がこの曲の中に。

・The Tower of Babel

まるで過去を回想するような、ゆったり静かに流れていく曲。夜、温かいお茶でも飲みながら聴くと最高。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク