やる気を高めたいときに聴きたい洋楽の名曲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽

聴くとテンションが上がる洋楽の名曲をまとめています。「ファイト、一発!」とテンションを上げて、気分を良くしたいときに。

・Layla

ロック史上屈指の名曲。一度聴けば忘れられないイントロのギターに、スピード感溢れるリズム。何より、この曲が生まれたドロドロの事情は、ロックプレイヤーが聖人ではないことを教えてくれます。

・Immigrant Song

「あぁあぁ~」という雄叫びのようなボーカルから始まるレッドツェッペリンの代表曲。バリバリゴリゴリ動くベースが曲への没入感を高めます。

・Shout It Out Loud

独特のメイクをしたマッチョなアメリカのバンド、Kissの代表曲。歪んだギターとアップテンポなリズムで、ノリノリになれます。

・We Will Rock You

「ドンドンドン、ドンドンドン、おいらが通るぜぶっ飛ばしてやるぜ」というような、マッチョな気分になるクイーンの名曲。しかし、フレディー・マーキュリーのボーカルが何より素晴らしい曲です。

・FOOL’S GOLD

80年代から90年代に活躍したイギリスのバンド、ストーン・ローゼスの名曲。独特のリズムとギター、ベースは、このバンドでしか味わえない独特の高揚感を味あわせてくれます。

・Daddy, Brother, Lover, Little Boy

アメリカの超絶テクニックバンド、Mr.Bigのバリバリロックソング。ギタリストのポール・ギルバートのプレイは必見。

・Don’t Look Back in Anger

イギリスのバンド、OASISの名曲。ジョン・レノンのイマジンを模したイントロから始まる、ハイテンションパワーソング。

・Let Forever Be

イギリスのテクノユニット、ケミカル・ブラザーズの代表曲。ボーカルはオアシスのノエル・ギャラガー。

・Step Out

映画『ライフ!』でおなじみの壮大な曲。「Oh oh oh~♪」というバックコーラスがテンションを高めてくれます。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク