『罪の余白』の感想 – 悪魔を倒す、その正統な方法は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

罪の余白

最後には正義が果たされる。そうなって欲しい。

内野聖陽、吉本実憂主演『罪の余白』(2015年)の感想です。

あらすじ

大学で心理学を教える安藤(内野聖陽)は高校生の娘の加奈と暮らすシングルファーザー。加奈と幸せに暮らす安藤だが、ある日、安藤のもとに加奈が校舎から転落死してしまう。

警察は事故と自殺、両方の線で調査をすると言うが、安藤は「なぜ娘の変化に気づけなかったのか・・・」と自分を責める。

そんなとき、安藤のもとに加奈のクラスメート(吉本実憂)がやってくる・・・。

トレイラーはこちら

感想など

映画の最後まであまり気分が良くないというか、いじめっ子の女の子がきわどすぎて微妙な気持ちにさせられてしまった(こういう悪い女、リアルでいますよね)。

映画ではいじめっ子の挑発に乗って安藤が手を出してしまうのですが、気持ち的に理解できます。でも何にせよ、手を出したら負けなんだよなぁ・・・。

安藤は心理学者なのに、最初からほとんど最後までいじめっ子の少女に手球に取られているようでやられっぱなし。

最後も一応少女にぎゃふんと言わせるカタチにはなったものの、完全にスッキリはしません。もう少し、カタルシスが欲しいところ。

ところで、映画のなかでいじめっ子に「あんたがモテないのはあんたのせい、モテない女は引っ込んでろ」とボロクソに言われてしまう安藤の同僚の小沢早苗(谷村美月)。

個人的には小沢のような女性はとても魅力的に思いますけど、あそこまで言われる必要はないんじゃないか?(メシマズは要改善だけど)

あといじめっ子少女に「てめえは余計なこと言うなよ、コラ」と脅される地味な女子生徒(葵わかな)とか、あぁいう大人しそうだけど芯がある女性はとても魅力的。

そんな感じで映画を観ている間は感情を揺さぶられ続けましたが、そこがこの映画の面白さなのかも。

人間の冷たさ恐ろしさ、難しさ。観終えたあとはスッキリできませんが、映画の世界にのめり込めるくらい面白かった映画でした。

DVDはこちら
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク