『女はなぜ突然怒り出すのか?』の読書感想 – 女と男はこうも違う!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)

デートしてたら彼女が突然キレた!その理由はこちら。

姫野友美著『女はなぜ突然怒り出すのか?』(角川oneテーマ21)の読書感想です。

この本について

男と女の違いを、分かりやすく理解できる実学本。

「会ったときはウキウキワクワクしていた女が、30分もしたら般若のような顔でイライラガムを噛んでいた・・・。」

このような経験をするものですが、天気のように女の機嫌がコロコロと変わるのはなぜなのか、この本を読むと、男には分からない、女の姿が分かるかも。

以下、本書の読書メモです。

男と女の差(P16)

行動や考え方、価値観、男と女の違いの差は生物学的なものに原因あり。

結局は脳と体が違うので、当然、男と女はいろんな面で違いが出る。それが男女理解の前提。

女が突然起こり出したらどうするか(P25)

女は脳の構造上、感情が表に表出しやすい。そのため、突然不機嫌になったり、怒り出すことが多々ある。

急に女が感情をむき出しにして怒りだしたときは、女は一種のパニック状態。こういうとき、男は女に干渉しようとしてはいけない。刺激せず、放置しておくのが良い。

ある程度女が落ち着いた段階で、フォローすればいい。そのときは、ココアやチョコレートなど、甘いものを女にあげると良い。

女が話すのは気持ちいいから(P29)

話すという行為は、男と女、全然意味が違う。

女はともかく話すのが好き。話している内容に対して意味はないが、「話をする」という行為が女にとっては気持ちの良いこと。

女の話を聞くことは、女と良いコミュニケーションを取るために必要不可欠。

女と会話をするとき、男は余計なアドバイスや口を挟まず、女の話を聞き、共感の姿勢を示せば良い。

女は長期的な視野が持てない?(P50)

女の脳は短期的な視点構造になっている。

そのため、「今我慢すれば将来○○になる」といったような、長期的な視野が持ちにくく、「今目の前のこと」というような、短期的な視点で物事を考えがち。

女にとって必要なのは、1年後の100万円よりも、今日の1万円。女には、長期的なメリットより、今すぐ、目の前のメリットを強調した方が良い

女は男の計画をひっくり返すもの(P53)

男は比較的計画的、論理的にプランを立て、その通りに実行しようとする。

しかし、女は、今どう思っているか、目の前の状況、気分に応じて、気まぐれに行動するところがある。

男は、女と出かけるとき、急なプラン変更をしいられることを前提に考えておいた方が良い。

男と女の生物学的な役割(P81)

男の役割は種を蒔くこと。自分の遺伝子を、様々な女に蒔くことが本来の仕事。

一方、女は、男を遺伝子を残すのにふさわしい相手かを「選別」し、1つの種を守っていくことが仕事。男は生殖が終わりであり、女は生殖がスタート。

女の生理中はともかく気を使う(P112)

男が女と関わっていく上で注意したいのは、女の生理期間。

この時期は対応を間違えるとヤバイことになるので、女の体の状態、気分の変化には、必要以上に敏感になること。そして、女に配慮を示すこと。

女が男を寄せ付ける時期と寄せ付けない時期(P115)

女にはオスを呼び寄せる時期と、遠ざける時期がある。

女は女性ホルモン、生理の関係上、時期によって妊娠のしやすさが違う。排卵の仕組みによって、男を受け入れる状態が変わってくる。

生理中、生理後しばらくは、女は危険な状態にあることが多く、トラブルになることも多い。男は地雷を踏まないよう、注意すること。

女の将来は女の母親の姿を見れば分かる(P131)

女の将来の容姿を予測するには、女の母親の容姿を見ればいい。

女の場合、体型が遺伝しやすいので、今の女が痩せていても、その母親が太っていれば、女も将来太る可能性が高い。

女は嫉妬する生き物(P144)

女の世界は横並びの世界。そのため、女は女同士、常に比較と競争をしている。

女の世界は横並びがゆえ、列から出ている女を引き下げ、貶め、自分と同じレベルにしようとする心理が働く。女特有の陰湿ないじめも、背景には横並びの意識、群れの意識があるから。

男は、このような女の世界にヘタに関わろうとせず、女の派閥争いやグループの争いには、知らぬ存ぜぬの態度を貫いた方がいい。

女の争いは、放置しておけばそのうち勝手に女同士で着地点を見つけている。余計な干渉はしないほうが身のため。

女をほめるコツ(P164)

女をほめるコツは、女の存在自体を認める言葉をかけること。女の配慮、気づいたことは、きちんと言葉にしてほめるべし。

女は選ばれたい生き物(P171)

女の本質はお姫様。男から選ばれて特別扱いされたい存在であること。

「自分だけ特別な存在でありたい」という意識を持ち、「1つだけ」でなく、「すべて」欲しがる。「女はそういうもんだ」と思って、理解しておくと、女の行動が理解しやすくなる。

感想など

読んでいてなるほど、男と女はこんなに違うのかと勉強になった一冊。

身近な具体例が出てくるので、現実に則した理解がしやすいのが良かったです。

仕事でもプライベートでも、人間関係はいろいろ難しいものですが、女性の感情的な揺れ、変化の大きさに困惑する男性は多いと思います。

そこに無遠慮でいると、いろいろトラブルが起こることもあり、気を使っている人も多いかもしれません。

そこで、男と女、生物学的な違いがあることを前提に理解しておくと、理由の分からなかった女の行動が、少しは理解できるようになるかも。

突然女の豹変ぶりに困惑せず、冷静に対応ができればいいですね。

本の詳細はこちら

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク