『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の感想 – 独身男はこんなもの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(初回限定生産) [DVD]

「ちょっと笑ってスッキリしたい!」というときはコレ。

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)の感想です。

あらすじ

タグは結婚を間近に控えた好青年。

独身最後の時間を楽しもうと、友人である教師フィル、歯科医スチュ、タグの婚約者の弟アランの男4人パーティーでラスベガスに出陣。高級ホテルに泊まり、独身前の最後の晩餐を楽しむ。

ところが翌日ホテルの部屋はめちゃくちゃ。男たちは何があったか分からず、おまけにタグが行方不明に。一晩の間、男たちに何が起こったのか?フィル、スチュ、アランは大慌て。タグを探しに街を駆けずり回る・・・。

感想など

何も抱えずおバカな話でスッキリ笑いたいときにピッタリの映画。

何というか、登場する独身男たちのキャラも「モロ受けを狙ってるな」というくらいのテンプレばかりで行動も予定調和的。それでも笑ってしまいます。

特に、フィルやスチュ、アランが警察で子供にスタンガンで撃たれるシーンはもう爆笑。観ている人を笑わせるためにだけに作られたような映画なので、思いっきり笑えます。

下品で誰かと見るのは恥ずかしいですが、笑ってスッキリしたいときは、こういう映画を一人でこっそり楽しむのがいいのかも。

映画のDVDはこちら

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(初回限定生産) [DVD]

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク