『起終点駅 ターミナル』の感想 – 人は弱い。それでも前に進んでいける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起終点駅 ターミナル [DVD]

たとえ後悔することがあったとしても、人生前に進むしかない。

佐藤浩市、本田翼主演映画『起終点駅 ターミナル』(2015年)の感想です。

あらすじ

北海道の旭川で裁判官として働く鷲田完治(佐藤浩市)は、学生時代の恋人であった結城冴子(尾野真千子)の裁判を担当することになり、冴子に執行猶予付きの判決を与える。

それから完治は冴子が働くスナックに通い、幸せな時間を過ごすが、完治は2年の北海道勤務を終え、妻子の待つ東京へ戻ることに。

東京へ旅立つ日が近づくなか、完治は妻と子、仕事、すべてを捨てて冴子と共に暮らしてくことを決める。ところが、冴子は突然、完治の目の前で自ら命を絶ってしまう。

それから25年。完治は釧路で国選弁護人として孤独にひっそりと生きていた。そんなある日、完治の自宅にある女性が訪ねてくる。

それはかつて完治が弁護を担当した若い女性、椎名敦子(本田翼)であった・・・。

トレイラーはこちら

感想など

人生何があっても、後悔があっててもやり残したことがあっても、それでも前に進んで行かなければいけない。そんなことを感じた映画。

かつて愛した女性を死なせたことを後悔しひっそりと暮らす国選弁護士の鷲田完治と、弁護を通じ出会った薄幸の美女、椎名敦子。

それぞれ後悔や「罪」を持つ2人が出会い交流していくことによって、それぞれ何かを学んでいき、また人生前へ進んでいく。

そんな映画ですが、映画の最後なんて本当にいいなぁ。ずっと「自分にはダメだ」と自分を罰していた男がついに自分のすべきことから逃げずに前へ進んでいく。

ストーリーは重いですが、美しい北海道の風景も相まって、とても情緒的な映画になっています。観終わったあとはとても開放的というか、清々しい気持ちになります。

2人のこれからを知りたいとも思いますが、きっと、彼らは後悔のないように生きていくに違いない。道が前にあるかぎりは。

DVDはこちら
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク