『沈黙のWebライティング』の読書感想 – 結局人は感情で動く。そこで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成果が上がる文章はこうやって書く。

松尾茂起著、上野高史イラスト『沈黙のWebライティング—Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』(エムディエヌコーポレーション)の読書感想です。

この本について

個性的なマンガでWEBライティングの極意が学べる本。

沈黙のWebマーケティング』の姉妹本で、『沈黙のWebライティング』も世界観を共有。

「ボーン片桐」というマッチョな主人公が栃木の温泉宿の若女将らに、ライティングやコンテンツメイキングの極意を伝授していきます。

相変わらずマンガの内容はぶっ飛んでいますが、ライティングの本質、コンテンツの作り方等、その内容はとても勉強になります。

・検索エンジンに評価される記事を書くための根本的な考え方

・成果が出る記事を書くための発想法

・分かりやすい文章を書くための原則

など、何度も赤線を引きたくなるくらい、重要な気づきに溢れた内容になっています。

相変わらず分厚い本ですが(600ページくらいあります)、マンガでライティングの極意を学べるので、サクサクページを読み進めることができます。

ところどころ文章による詳しい解説もあるので、そこを読み返すだけでも勉強になります。

この本を読み終えると、「ほんとうに言葉って大切なんだな」と、言葉が持つ力、ライティングの重要性が身に沁みます。

感想など

『沈黙のWebマーケティング』と同じく、面白くてタメになる本。

マンガはウケ狙い要素がかなり強いですが、それを置いておいてもライティングの考え方、コンテンツの作り方は「なるほど」を何百回も連呼したくなるほど勉強になります。

どうしたら人は動くのか。どうやって文章を書けば、ネットで集客できて、文章を読んだ人の心を動かすことができるのか。

本当にライティングの世界は深い。それを実感させられた本でした。

本はこちら
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク