札幌での住みやすさの定義について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地図で歩く札幌

このブログでは、札幌市内、近辺へ訪れて、そこでの住みやすさをまとめた記事を公開しています。

「住みやすさ」について、いろんな考え方があると思いますが、このブログでは、住みやすさを次のように定義しています。

1・地下鉄やJRの駅周辺にスーパーなどの便利な施設があって、車がなくても生活できる。

→スーパーやドラッグストア、病院など日常生活に必要な施設がたくさんある。

2・交通網が発展していて札幌中心部へのアクセスが用意。

→JR、地下鉄(特に重要視)、バスが便利で札幌駅や大通公園駅へのアクセスが簡単。

3・治安が良く街の雰囲気が落ち着いている。

→犯罪発生率が低く、学校が荒れておらず地域が落ち着いていること。

この3つを満たしたエリアを住みやすい場所と考えて、住みやすさを調査、記事にしています。

札幌の場合、冬には雪が降り積もるので、歩いて暮らすのもなかなか大変。そんな環境のなか、車いらず、歩いて動ける範囲で生活できる場所は、間違いなく住みやすいと思います

ちなみに、治安や街の雰囲気など、個人の主観が入りやすい感覚的なものについては、「絶対こうです!」と断言するのが難しいため、直接言及することは避けています。

お子さんがいる方は、街の安全、治安について関心が高いと思いますので、こちらのページを参考にしてもらえれば、地域の治安傾向をおおよそ把握できると思います。

「札幌に引っ越したい。住みやすい場所、地域はどこ?」

という方の参考になれば幸いです。

札幌暮らしの記事まとめへ

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク