滅亡のカウントダウン、スタート。『真田丸』第47回「反撃」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第47回

今日で運命は決した。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第47回「反撃」の感想です。

第47回「反撃」のあらすじ

家康の放つ大砲が大坂城天守へ直撃。

ビビってしまった茶々は幸村らの反対を退け、家康との講和交渉を開始。講和の条件として家康は大坂城の外堀を埋めることと、真田丸の破脚を提案。

講和によって平和がやってくるはずだったが・・・。

ドラマの流れ

家康の砲弾に恐れをなした淀君は徹底抗戦から一変、和睦を主張。

それに危惧を覚えた幸村は淀君のもとへ向かうものの、淀君の気持ちは変わらず。結局は家康の思惑通り戦は和睦へ。

大坂では和睦の条件を検討するもまとまらず。浪人たちも、「我らはどうなるのだ、約束は果たされるのか」と皆不満な様子。

一方、江戸にいる幸村の兄信之。

愛人の熟◯リフレで色恋営業をエンジョイしつつも、大坂の幸村のことを心配。おまけにリフレ遊びも妻たちにバレて、真面目な兄は心配事が尽きません。

さて、話は戻って和睦交渉。

豊臣側は秀頼が大坂城から退去するなどを提案しますが、家康の狙いは和睦にあらず。和睦と見せかけ大坂城を丸裸にし、その上で豊臣家を殲滅すること。

豊臣側の提案を一蹴し一計。

家康の狙いを知っている幸村は和睦交渉に淀君の妹、初を指名。一方徳川方は阿茶局を使者に立て、いよいよ豊臣と徳川の和睦交渉がスタート。

阿茶局は真田丸の撤去と堀の破壊を提案。阿茶局の策に乗った淀君のお付きのおばさんのせいで、結局大坂型は徳川方の思い通りの方向へ。

和睦は成立するものの、浪人たちの処遇はあいあいのまま、真田丸が破壊され、大坂城の堀まで埋め立てられることに。

いよいよ豊臣家滅亡へのカウントダウンがスタートします・・・。

感想など

お約束どおり、大坂城が丸裸になって、いよいよ豊臣家の滅亡秒読みの段階に。

和睦交渉→真田丸破壊+城丸裸でもはや運命は決ってしまいましたが、今回ばかりは淀君お付きのおばさんが迷惑すぎる。

家康の狙いは豊臣家の弱体化なのに「浪人たちはもう用無し」とか「堀は埋めよう」とかバカ発言連発。

豊臣方の重要人物なのに、率先して豊臣滅亡の片棒を担いでいる。こんなお偉いさんがいたら、何を献策してもダメだろうなぁ。

ドラマの最後は大坂方の武将が一致団結、「勝つためになんとかしようぜ」と盛り上がりましたが、まぁみんな、分かっているんでしょうねぇ。

さて、和睦の次は夏の陣。もう戦うしかありません。

第46回「砲弾」の感想へ

第48回「引鉄」の感想へ

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク