信じる道を最後まで貫く。『真田丸』第44回「築城」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第44回

戦うなら絶対に勝つ。策はそのためにある。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第44回「築城」の感想です。

第44回「築城」のあらすじ

乾坤一擲、出陣にて家康を殲滅する策を献策した幸村。

しかし、淀君の歪んだ秀頼への愛によって、献策は退けられてしまう。結果、大坂方は籠城にて徳川軍を迎え撃つことになり、幸村は籠城策を検討。

そこで幸村は、大坂城の弱点である南側に注目。そこに出城を築くことに。真田丸の誕生である・・・。

ドラマの流れ

秀頼の籠城決定を受け、幸村ら大坂五人衆は今後の対応を検討。幸村は大坂城の弱点を分析、南側に出城を築くことを大野治長に献策。

ところが出城の案は既に後藤又兵衛が出城築城を献策。そこで幸村は「ぜひ私にやらせてくれ」と又兵衛に直談判。

幸村の策を聞いた又兵衛は幸村の策に納得。他の五人衆も賛同、いざ開戦を待つのみというところですが、問題は大坂首脳陣。

織田有楽斎(実は徳川方に内通している)と淀君お付きのおばさんが「浪人どもは信頼できませぬ」と幸村の策にいちゃもん。

総大将の秀頼は終始無言、結局幸村の策はまたしてもボツに。

ことごとく献策を退けられ、信じられていない浪人衆たちは激怒。又兵衛と毛利勝永は大坂城を退去しようとしますが幸村が淀君に直談判。

淀君も「浪人たちが信じられぬ、おとなしくしていなさい」と戦前とは思えぬトンデモ発言を連発、状況は進展しません。

幸い、幸村を信じている大野治長が「好きにやられよ、責任は私が取る」と幸村の策に賛成。幸村は出城作りを開始します。

一方、大坂へ向け出陣中の信州真田軍。

信之は息子たちに「敵方には幸村がおる、真田同士で戦ってはならぬ」と厳命。次男の脳筋マンは納得しないものの、控え目長男は信之の命に賛成。真田軍の方針が決定します。

そんななか、大坂城ではまたまた上層部と浪人衆が対立。

織田有楽斎とおばさんが「真田は信頼できぬ、出城は作らせてはいけませぬ」とネチネチ攻撃。秀頼も反対できず、またしても出城築城は中止に。

「もはやこれまで」と思われたところ、豊臣秀頼が「お主ら浪人衆を信じる、出城を作れ」男気を発揮。淀君らの反対を抑え、ようやく、徳川を迎え撃つ体制が出来上がります。

そして大坂城は徳川+諸大名軍に包囲されます。

「大坂城に籠もるのは雑魚どもばかり、我らの勝ちぞ」と勝ちを宣言する家康ですが、城攻めを前に大坂方の布陣をチェック、するとそこに真田の名があることを知り困惑。

いよいよ戦いが始まります・・・。

感想など

いよいよ大坂の陣がスタート。

いろいろドタバタがあったものの、見事真田丸完成、そして真田の赤備え軍も登場、次回からいよいよバトルですか。

それにしても、毎回のことですが、織田有楽斎(裏切るおっさん)と大野治長の母ちゃんがどうしようもないですなぁ。

浪人たちは勝つために戦おうとしているのに、「こんなやつら信じられるか」と献策をことごとく却下。会社は頭から腐るならぬ、武家も頭から腐るのはいつの時代も同じ。

献策が却下されるくらいなら、下克上して自分を買ってくれる人の元に移るのが、自然なのかも(藤堂高虎よろしく)。

まぁ、それでも、自分の意見を言えない情けない秀頼が最後男らしく決断できたのは良かった。

淀君も自分の意見に反対する秀頼に「おっ?」と良い顔をしてましたが、やっぱりリーダーはこうあるべし。度胸を持って、断固として、道を示すのが仕事ですね。

さて、次回はいよいよ冬の陣スタート。幸村の活躍、楽しみです。

第43回「軍議」の感想へ

第45回「完封」の感想へ

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク