データは突然飛んでしまう!外付けポータブルHDDは壊れることを前提に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その「とき」は突然に。

先日、外付けのポータブルHDDに保存していた写真を整理しようと、HDDのUSBをパソコンに接続したところ、HDDから「ピッ」と変な音が。パソコンはHDDを認識せず、HDDからは相変わらず「ピッ」という変な音。

冷や汗が流れ、もしかしたら「壊れたかも・・・」と焦ったところ、ようやくパソコンがHDDを認識。が、写真を保存したフォルダをクリックすると、すぐに接続が途切れてしまいます。

最悪、データが全部飛んだことを覚悟、一瞬の望みを託し、パソコンがHDDを接続を繰り返していると、ようやくパソコンがHDDを上手く認識。

一部のデータは飛んだものの、残しておきたかった写真データはパソコンに移すことができました。

しかし、HDDは完全のゴミへ。運が悪ければ、ここ数年撮りためていた写真のデータが、全て消えてしまうところでした(一部のデータは飛んでしまいました)。

壊れてしまったHDD

BUFFALO スリム&プレミアム USB2.0 ポータブルHDD 1TB ブラック HD-PCT1TU2-BKJ

この前まで使えていた外付けHDDが突然故障。これには本当に参りました。まさかこうも突然ぶっ壊れるとは・・・

HDDを信頼してデータのバックアップを油断していると、ある時恐ろしい目にあうことを実感。ということで、新規にHDDを購入。データの保存は、HDD+パソコン、DVD-R、万全の体制で保存することに。

新規に購入した外付けポータブルHDD

I-O DATA USB 3.0/2.0対応ポータブルハードディスク「超高速カクうすLite」 1TB ホワイト HDPF-UT1.0W

それにしても今回は運が良かった。

運が悪ければデータが全部ぶっ飛び、大切な写真が二度と見れなくなってしまうところでした。

その「とき」は突然。普段から、万全の準備をしたいと思う体験でした。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク