長く弾き込んだギターはやっぱり音が違う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前購入したフェンダーUSAのストラトが、今ひとつ手に馴染まなかったので中古屋へ売却。

そこで、ギターを始めたときからずっと使っている、フェンダージャパンのストラトをギターケースから取り出し、また使うことに。

ストラト本体

ギターケースから取り出しチューニング。

久々弾いてみると驚き。コードを押さえて、音を出すと、ギターのボディが振動し、自然なリバーブが発生しています

次にアンプを通して音を出してみると、音圧はフェンダーUSAに劣るものの、クリーン、しかしまったり甘い音が、アンプから流れてきます。長年弾いたギターの音は、やっぱり違います。

このギターを購入したのは1997年。当時の価格でいうと、6万円くらいのものだったと記憶しています。

購入した理由は、エリック・クラプトンがフェンダーのギターを使っている姿に憧れたのがきっかけ。なので、個人的にエレキギター=フェンダーという意識がありました。

まぁ、当時はフェンダーにもUSAとJapanがあることなど知らず、憧れのフェンダーの文字が入ったギターを使える、それだけで満足していました。

フェンダーロゴ

そんなこんなでこのギターとの付き合いは長く、かれこれ10年以上になります。2013年、知り合いにペグ交換などギターのメンテナンスをしてもらったので、不具合もありません。

ずっと弾きこんできたため、ボディの振動、音の味わい深さは、このギターへ強い愛着を深めてくれます。長い間弾かれたギターの音はやっぱり音が違います

高いギターは、最初からある程度の良い品質の音を保証してくれますが、6万~10万の安いギターでも、弾き込むことでギターが成長し、素晴らしい音を奏でてくれます。

長く付き合っていけば、ギターが成長し音が変化。馴染みもよく、こちらのプレイにギターが応えてくれる。このギターを弾いていると、そのことに気付かされます。

馴染むギター、自分が育てたギターを弾くのは気持ちがいいもの。このフェンダージャパンのギターを、生涯現役で使っていきたいと思いました。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク