『死ぬ気で行動する人にだけ運は必ず味方する』の読書感想 – 人生を豊かにする「運」という視点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死ぬ気で行動する人にだけ運は必ず味方する

人生は運、であるならば。

早川勝著『死ぬ気で行動する人にだけ運は必ず味方する』(かんき出版)の読書感想です。

この本について

生保業界、フルコミッション(完全歩合)のビジネスで成功、「自分の成功は運が良かったから」と語る著者による「運」論。

運を高めるためにはどうすればいいか、考え方から日常の行動まで、運アップのための様々なヒントが満載の内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

運が悪い人の共通点(P18)

運が悪い人に共通しているのはネガティブな頑固さ。

上手くいっていないのに、何を言われても自分のやり方、生き方を変えない。人の意見が全く耳に入らない。

感性が固まった人に、運はやってこない。

心地良い場所を大切にする(P28)

気の良い場所から良質の縁が得られる。

雑然とした場所に幸運はやってこない。純粋に心地良いと感じる場所、そこに運がある。

「ここにいると気分がいい」という場所を大切にすること。

運を高めるためには運がある場所へ行く(P56)

成功した人が暮らす場所は運が漂っている。

調子が悪いとき、人生がイマイチダメで運を感じられないときは、成功した人、豊かな人が集まる場所、暮らす場所へ出向く。

そこでただいるだけでも、運を回復させることができる。

本書では「高級住宅地」と書いてあります。)

「運」という観点を持つ(P57)

人生、行動、学びなど自助努力はもちろん大切。

が、それだけでは不十分。「運のマネジメント」という視点を持ち、運を切り開くという発想を持つ

自分なり、運を高める方法について、模索していく。

幸運の時こそ注意せよ(P89)

物事には「引き際」がある。

引くタイミングはこれ以上ないほど物事が上手くいった、「絶頂の時」。何かを始め、それが上手くいく。最高に上手くいったときこそ、引き際。

運は循環し、上下する。何事も上手く生き続けることはない。良いときにこそ、下り坂を意識し始めることが大切。

決断は考えない(P100)

AかBか、大切なことは考えて決めない。直感で決める。

自分の直感で決めた選択にハズレなし。本当に大切なことは、自分自身が一番知っている。

運動で運を呼ぶ(P106)

運は動き。適度な運動で運を引き寄せることができる。日々、意識的に体を動かすこと。

目指すべきは花咲じいさん(P130)

価値あるお金の使い方について。

世の中には、お金をやたらと貯めこむ強欲爺さんがいる。お金は貯めこむだけではダメ。お金には適切な使い道がある。

自己投資はお金を使って未来の自分に種をまくこと。上手にお金を使えば、使ったお金が自分の成長、未来に帰ってくる。

お金を自分の未来に花を咲かすために使う。自分に成長をもたらすこと、人間的に豊かにしてくれることにお金を使う。

感想など

「人生の成功は運」という主張に共感できる本。

私もフリーランス、完全結果主義の仕事でお金を稼いでいるので、努力や頑張ることも大切ですが、それ以上に、「人生は運じゃないか?」と思うことがしばしばあります。

世の中には、「努力すれば何でも叶う、人生は100%自分でコントロールできる!」という考え方がありますが、個人的には、「人生は努力だけでは不十分では?」と感じています。

運というか、自分の努力とは関係のない要素によって、未来が影響されているように感じます。

仕事にしても人間関係にしてもライフスタイルにしても、自分の意志だけでなく、他のなにか、それを「運」と言っていいかは分かりませんが、意志以外の要素があるように感じています。

個人的には、2015年10月に名古屋から札幌に引っ越し、人生の転機となりました。

もともと、2014年末から北海道の札幌にしばしば出張していましたが、そのきっかけというのは、本当に偶然のものです。

その偶然を追っていった結果、札幌に住むことになったのですが、それは全くの未計画、考えてもいなかったことでした。人生には、こんな意図しない結果、予想外のことが何度も起こります。

だから、個人的には、人生は自分次第、100%自分で意図してコントロールできればいいと思いますが、現実はそうではないように思います。

だからこそ、余計、人生は運というか、自分でコントロールできない要素があることを認識することが大切ではないか、と感じています

努力だけは不十分、そういう発想があると、人生が詰みそうなときでも、必要以上に自分を追い詰めることもありません。

頑張ってダメなことなら、「縁がなかった、運がなかった」と割り切ることができます。予想以上の良い結果も、「幸運だった」と傲慢にならずに済みます。

運を信じることは、「俺は何でもできるんだ!」と傲慢にならず、人間としての謙虚さにつながるものだと思います。

努力も大切ですが、人生は運に流されるもの。「運気」というファクターを意識すると、物事の見方が変わって、気持ちに余裕が持てるかも。

本はこちら

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク