『マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション』の読書感想 – 実践!人間関係をもっと良くするコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と人が分かり合えない原因はココ。それを解決すればコミュニケーションはもっと上手くいく。

山崎啓支著『マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション』(日本能率協会マネジメントセンター)の読書感想です。

この本について

コミュニケーションに焦点を当てたNLPの本。

NLPとは何なのか、それを実際のコミュニケーションでどう生かしていけばいいのか、マンガで分かりやすく理解できる内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

はじめに、NLPとは(P24)

人間の反応をプログラム(入力と結果=反応)と考え、そのプログラムをより良いものに書き換えることで、より良い結果を得ていく。これがNLPの考え方。

なぜ言葉が届かないのか(P37)

人に話しても伝わらない、その理由は人それぞれで言葉の受け取り方に違いがあるから。

人は言葉を自分の体験に基いて発している。しかし、体験というのは人それぞれ違う。だから言葉の受け取りに違いが出て、コミュニケーションの食い違いが生じる。

そこでコミュニケーションでは、「話し手の伝えたい体験と聞き手の理解に食い違いがある」という前提に考える必要がある。

空白の原則(P48)

人の脳は、空白(分からないこと)を埋めようとする習性がある。

人は本質的に安全や安心を求めており、分からないこと=不安。安全安心を得るために、人は分からないことを知ろうとする。

分からないことを知ることで、脳は安心することができる。だからコミュニケーション上の最大のポイントは、安全と安心を提供できるかどうかがカギになる。

ペーシングでラポールを築く(P83)

人は無意識に安全・安心を求めている。

心理的、空間的に自分と近いと感じる人や環境に、安心感を感じる。安心感を感じたら、人は心を開く。

私はあなたと同じですよ、それを伝える技術がペーシング。相手のペース、価値観、考え方に合わせ、感覚的に同調する。

これがペーシングで、ペーシングが上手くいくと、相手と波長が会い、「この人は安心できる=信頼できる」と感じてもらうことができる。

ミスコミュニケーションを防ぐ3ステップ(P109)

コミュニケーションで失敗しないための3つのステップ。

1・プリフレーム

→相手に「詰問されている」と感じさせないための段階。

2・省略、歪曲に関する質問

→質問を柔らかく受け取ってもらう。そこで笑顔、優しい口調を意識する。

3・確認

→受け取った内容を自分の言葉で表現し、イメージの質感を伝える。

会話のキーワード(P130)

ラポールを築くためには会話。

優しい表情とゆったりした口調で簡単な世間話をし、オウム返しの技術を使う。そして相手から「はい」を引き出す。

相手から「はい」を引き出していけば、無意識レベルで心が開かれていく。

出来事は無色透明(P141)

出来事は本来無色透明。そこに意味づけをするのは人。人の受け止め方次第で、良いものにも悪いものにも変わる。

同じことが起こっても、人によって受け止め方が違うのは、人の受け止め方、考え方が違うから。

そして、受け止め方、考え方の違いの原因はその人のビリーフ(信念や価値観)。根っこの原因はココにある。

無意識と現状維持(P162)

無意識には安全欲求があり、そのためにプログラムが作られる。この意味で、これまで自分が身につけてきたことというのは、全て自分を守るためのプログラム。

それには自分を守る反面、自分を制限してしまう側面がある。その窮屈さを感じたときこそ、変化していくとき。

無意識は現状維持を望むので、新しい行動をしようとするとき、不安を感じたり緊張したり乗り気にならなかったり、体が変化に抵抗しようとする。

そこを乗り越えられるかどうかが、変化できるかどうかのカギとなる。

感想など

マンガでやさしくわかるNLP』が面白かったので合わせ読んでみた本。

外資系でバリバリ働いていた女の子が、実家の倒産しそうなスーパーを継ぐことになって、そこで従業員とコミュニケーションを改善しつつスーパーを立て直していくという話で、コミュニケーションに焦点を当てた内容になっています。

人と人、上手くコミュニケーションを取るためにNLPをどのように活用すればいいのか、基本的な考え方を示しつつ、その具体的なイメージをマンガで理解できます。

いろいろ難しい用語が出てくるので、その教えを完全に理解して実践するのは難しいかもしれませんが(反復しないと理解が難しいです)、コミュニケーションの原則的、根本的な考え方はとても勉強になります。

NLPとコミュニケーションに興味がある方は、きっと参考になると思います。

本はこちら
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク