『リリー・フランキーの人生相談』の読書感想 – 人生いろいろあるけど、まぁ肩の力を抜けばいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リリー・フランキーの人生相談

生きるってことは悩みの連続だけれども、悩みを解決できれば人生はそこそこだ。

リリー・フランキー著『リリー・フランキーの人生相談』(集英社)の読書感想です。

この本について

マルチタレントして活躍するリリー・フランキーさんの人生相談本。

人生で悩みを持つ男女の相談者がリリー・フランキーさんに相談。

「バイトから正社員になるか迷っています」(P15)

「結婚を考えていた彼女が親友と浮気していました」(P30)

「女性にフラレまくってモテません」(P60)

「家庭が上手くいかず、従業員もすぐに辞めてしまいます」(P101)

など、人生から仕事、恋愛、Y談まで、幅広い悩みに応える内容になっています。

後半の女性の相談はほとんどエロネタばかりなので、読んでいてこってりしますが、相談の内容は、

「ボーナスが出るのを待って仕事を辞めるな。ボーナスは人をダメにするぞ、仕事を辞めるときはさっくり辞めな」(P16)

「浮気するやつは男女関係なく浮気する。そういうやつがいるのさ」(P33)

「君、女にフラレたからって自信なんて必要ないぞ。無意味な自信を持っているやつは不愉快だよ」(P60)

という感じで、とこどころ「そうかもしれない」と納得。

肩凝らず、かるーくゆるーく読める、そんな人生相談本です。

本はこちら
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク