ガレージバンドでエレキギターを使うならjamを導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギタートラック

「Macのガレージバンドにエレキギターを導入したい!」

そんなときに便利なのがjam アポジー。USBでギターをつなげるツールです。特に難しい設定はなし。ただ、ギターとjam、Macのパソコンをつなぐだけ。これで、ガレージバンドの様々なギターエフェクトを使えたり、レコーディングができるようになります。

ロジックプロでも使えます。)

こちらがjam アポジー。アマゾンで購入できます。

jam

ギターのケーブルを接続、あとはjamのUSB端子をMacにつなげば完了。接続はこれだけ。

コネクトする

ガレージバンドを起動、jam アポジーを接続すると、ガレージバンドが確認してくれます。

入力確認

接続や入力のチェックは、環境設定→オーディオ/MIDIのところで確認できます。オーディオ入力にjamが表示されるはずです。これでガレージバンドでギターによるレコーディングができるようになります。

確認

ガレージバンドでギターを使うには、新規トラックを作成、ギター入力を選び、エフェクトを選びます。ガレージバンドには、ギター音のもととなる基本設定がたくさんあります。クリーン系からソロ系、ディストーション系など、たくさんあるので、好きな音を選べます。

エフェクトなど

「デフォルトの音が気に食わない!」という場合は、自分でいろいろいじれます。エフェクトを追加したり、音をいじったり、自由度は高いです。これだけで結構楽しめます。

エフェクト追加

1つのアンプに、fuzzやらクリーンやら、ビブラートやら、たくさんのエフェクトを利用できますので、自分好みを音を調整してみるとよいでしょう。

まとめ

・めんどうな手続きなし、簡単にガレージバンドにギターを導入できる

・エフェクト豊富。使い方は幅広く。

・自分で音の編集OK。凝る方にはぴったり。

詳細はこちら

jam アポジ―

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク