コードをガンガン弾くならこの音がいい。ギブソンJ-45を衝動買い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

K.ヤイリのYW1000を購入後、いろんなアコギに興味を持って、YouTubeでアコギの動画を見ていました。

マーティン、ギブソン、テイラー、ギルド。その中で、特に興味を持ったのがギブソンのJ-45というギター。

独特のクセのある音、聴き応えのあるコードのストロークに魅了され、どうしても気になって、現物を演奏したくなりました。そこで、楽器屋さんでJー45を探すことに。

何件かの楽器店を訪問、ようやくJ−45を発見。そこで2本、J−45のスタンダードモデルを試奏させてもらいました。

J-45とは

ギブソンの定番アコースティックギター。1942年の発売以来、ボブ・ディランやエリオット・スミス、日本では吉田拓郎や山崎まさよしなど、様々なアーティストに愛用されている。

試し弾きは必須か

憧れのJ-45を目の前に興奮して試奏。が、最初の一本は思っていた音とは少し違いました。

ネットで、「J−45は個体差が激しいので、何本か試し弾きすることが重要」ということを聞いたのですが、確かにそれは本当かもしれません。

試奏させてもらった1本は、音がイマイチで「鳴っていない」状態。ちょっとガッカリしましたが、もう1本のJ−45を試してみると、印象がガラリと変わりました。

もう1本のJ−45は、中音域はもちろん、低音の音がジュワ~と来て、すぐに「コレだ!」とビンビン来ます。

30分ほど悩んだ挙句、衝動買いしてしまいました。ギターを1年で2本も買うなんてどうかしていますが、それほどまでに音が良かったです。(個人的に好きな音でした。)

専用のハードケース。

ハードケース

こちらが中身。新品なためか、木の匂いがします。

jー45の本体

ケースの中にマニュアルなどの紙が同封されています。

証明書

こちらが本体。茶色の地味で素っ気ない姿が好みです。

ギター

ギブソンのユーザー登録用紙。ギター購入後、15日以内に送る必要があるそうで、個人情報を記入し、すぐに送りました。

ユーザー登録の紙

音の感想など

今メインに使っているK.ヤイリのYW1000は、音がきらびやかで、弦1本1本、とても繊細で粒の揃った音がでます。

Jー45は、コードでジャカジャカ弾くと、とても気持ちが良い音がします。噂どおり、サスティンがなく、音にクセがあります。でもそこがいい。味気ない、素っ気ない。でも好き。そんな音です。

私の買ったJ-45は新品なので、音が育つのはこれからですが、弾き込んで、じっくり音を育てていきたいと思います。

追記

Jー45購入からしばらく。このギターを毎日2時間ぐらい弾いていたところ、明らかに音が変化していきました

音の残響、奥深さがアップして、所持しているギブソンのビンテージギターの感触に近づいています。

新品のJー45でも、試奏したときの感触が良いギターを買って弾き込んでいけば、音が成長していくのは確かだと思います。

最初に出会った魅力的な音が、弾き込みで更に変化していく。これだから、アコギは興味が尽きません。

楽天でJ-45の価格を比較

Gibson J-45

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク