『結局、人は顔がすべて』の読書感想 – 顔は人生そのもの、生き方が顔に現れる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結局、人は顔がすべて (朝日新書)

生き方、全人格、人の顔には全て出る。

竹内一郎著『結局、人は顔がすべて』(朝日新書)の読書感想です。

この本について

『人は見た目が9割』シリーズの著者による「顔」論。

ツイてる人の顔、仕事ができる人の顔、顔見ることで人の何が分かるのか、タメになる話が満載です。

以下、本書の読書メモです。

はじめに(P3)

なぜ顔が大切なのかというと、顔にその人の生き方が現れてくるから。

顔を見ることで、その人がどんな価値観を持っていて、どんな性格なのか、どんな人生を歩んできたか、察せられることが多い。

ひげについて(P83)

ひげをたくわえる=自分の顔の面積を大きく見せる→自分を大きく見せたい願望。つまりひげを生やすことは、自分の縄張りを広げていこうという気持ちの現れ。

魅力的な顔は目が違う(P118)

いい顔が目が良い。目に力があり、輝きがある。

生きた目を作るためには、まず「心が躍動するもの」をその目に見させること。映画、音楽、美術、なんでも良いので、魂が詰まった素晴らしいものを目に触れさせること。

その際は、是が非でも身銭を切ること。自分でお金を払って見ようとしないと、心は躍動しない。

タダで見てしまうと、無意識で「タダでも見れるもの」と思ってしまい、得られるものがなくなってしまう。

声について(P132)

人の体は、使わないとどんどん衰えてくる。例えば口。

普段から言葉を話していないと、だんだんと顎の筋肉が衰え、声帯も衰えてくる。声もか細くなり、魅力がなくなる。

声は使えば使うほど伸びる。日々声を出して、声帯の退化を防ぐことが大切。

ツキを呼ぶ顔(P139)

お金も仕事も、結婚相手も、全て人が運んでくる。人が寄ってくる人に、ツキは集まってくる。お金は寂しがり屋で、たくさんあるところに集まりたがる。

周りにいい人、お金が集まってくるツイてる人になるためには、幸運体質の顔になることが大切。そのために、普段から「感じのいい人」と付き合い、その雰囲気を身につける。

「類は友を呼ぶ」で、いい人の周りにはいい人が集まり、ツイてる人の周りにはツイてる人が集まる。

感じのいい人に近づき、自分もそうなれば、似たような感じのいい人が集まってくる。そしてツキが運ばれてくる。

仕事について(P142)

世間体で良い仕事を選ぶのも一つの方法だが、それより大切なのは、就職前に職場の雰囲気を自分なりに調べること。

仕事は職種ではなく、「同僚であり、環境である」。どんな人と働くか、それはとても大切なこと。

勝ち癖をつける(P145)

自信は顔に自然と出て来る。勝ちには癖があり、連戦連勝の人は勝ち癖を持っている。

大切なのは負け癖をつけないこと。負けが続くということは、それが癖になっているということなので、負けを止めて、流れを変える必要がある。

ランクを落として自分が勝てる場所に移動するのも一つ。何せよ、自分が勝てる場所で、勝ち癖をつけると良い。

現実の世の中とは(P166)

学生時代は、「答えは一つしかない」ことを前提に勉強やら何やら頑張るが、現実はそうではない。

社会に出ると、世の中には答えが無数にあり、何が正しいか間違っているか、自分自身で考えなければならない。

努力して誠心誠意頑張ったことが世の中から受け入れられないこともあるし、思いつきで始めたことが大ヒットして成功することもある。

99敗で連戦連敗を続けていたのが、1回の大勝利によって人生逆転することもある。

人生は正解のない世界。「人生とはこういうものである」と決めつけず、柔軟に考えていく。

感想など

「顔とは兎にも角にも重要なものである」

という顔論ですが、顔=人生そのものというのも分かる気がします。

「男は自分の顔に責任を持て」という言葉がありますが、それは顔に生き様、性格、人生の全てが出るからこその言葉だと思います。

せこい人はそういう顔になるし、豪胆な人は顔に自信とおおらかさがあります。

内面の良さが顔ににじみでて魅力的な人、愛嬌があって楽しい人、顔を見ればこの人はこんな性格だろうなと察せられます。

「いかにも」な人、「距離をおきたい」人は、やっぱりそういう顔、雰囲気を醸し出していますしね。

顔に全てが出る、それが特にハッキリするのは年を取ったときだと思います。

どんなイケメンや美人でも、30歳40歳になって年を取れば、だんだんと中身がある人、そうでない人、全然顔が変わってきます。

結局最後にモノを言うのは生まれもったものではなく、普段からの生き方。

いい顔になるために大切なのは中身、人間性、生き様を磨いていくこと。そうすれば、結局は生き方に相応しい顔になっていく。

良い顔になるには人生をしっかり生きること。そう考えると、いろいろ納得できるところがありますね。後悔ない生き方をして、良い顔を目指したいものです。

本はこちら
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク