アコギで弾き語りたい洋楽の名曲まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギター弾き語り アコギで弾きたい洋楽ベスト・ヒッツ

アコギ一本で弾き語りできる洋楽をまとめたページです。

ビートルズからコールドプレイまで、アコギで弾き語れる様々な名曲(男性ボーカル)を掲載しています。

・Norwegian Wood

アコギの音が光る独特なイントロから始まるビートルズの名曲。独特の歌詞を上手く表現できたら、弾き語りがバッチリ決まります。

・Across the Universe

アコギで弾き語りたいビートルズソングその2。歌詞が多いですが、英詩をマスターして歌えたときの喜びは最高。挑戦しがいのある曲です。

・Heart of Gold

孤独、しかし我が道を進む男の後ろ姿がイメージされるニール・ヤングの名曲。「黄金の心を探し求めて 僕は年をとっていく」という歌詞がなんともカッコいい!

・Desperado

イーグルスの名曲。原曲はピアノですが、アコギを伴奏にした弾き語りでもばっちり決まります。

社会の枠から外れてしまった「ならずもの」へ歌いかける温かい歌詞を上手く表現しつつ、美しいメロディーに酔いたいものです。

・Live Forever

アコギで弾き語れるようになりたいオアシスの名曲その1。

美しいメロディーに刹那的で魅力的な歌詞、やっぱりこの曲はアコギでじっくりいきたいもの。

・Wonderwall

アコギで弾き語れるようになりたいオアシスの名曲その2。

原曲はアコギのストロークが軽快ですが、上の動画のように、少し抑えめ、歌詞の雰囲気重視で弾き語ると独特な味付けができるかも。

・Stop Crying Your Heart Out

アコギで弾き語りたいオアシスの名曲その3。

いろいろあって心折れそうなとき、「負けてたまるか、泣くのはよせ」と喝を入れたいときに歌いたい曲です。

・So Far Away

アメリカのハードロックバンド、ステインドの曲から。原曲はクリーントーンのアルペジオが印象的ですが、アコギで弾き語ってもピッタリ。

・Nothing compares to you

プリンス原曲、こちらのカバーはステレオフォニックスのver。別れの辛さを歌った歌詞に美しいメロディがたまりません。

・The Scientist

英国出身のバンド、コールドプレイの名曲から。本来はピアノ伴奏ですが、アコギでコードを弾いて歌っても、バッチリ決まります。

・Dakota

ウェールズ出身のバンド、ステレオフォニックスの無骨なラブソング。歌詞の意味が分かると、ますます弾き語りに熱が入ります。

・Indian Summer

ステレオフォニックスの弾き語りたい名曲その2。過去を想起し淡々と、でも昔の思い出を思い出して切ないとき、本当にこの曲は共感できていいです。

・The Dying of the Light

今はなきイギリスのバンド、オアシスのリーダー、ノエル・ギャラガーのソロ曲。歌詞を覚えるのが大変ですが、コード進行はシンプル。弾き語りにピッタリの曲です。

コードは曲名+tabで検索すれば見つけられます。)

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク