これが命綱になる!?フリーランスが知っておきたい最低限の保険&年金の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康OK

収入が不安定なフリーランスが真剣に考えておきたいのが保険の話。

フリーランスは会社員のように保護されていないので、自分のことは自分で原則。「誰も自分のことは守ってくれない」くらいに思っていないと、万が一のさいにひどい目に遭います

そこで、その万が一のさい、ダメージを防ぐために必要なのが保険。

将来の不安に備えるために考えておきたいのは健康保険と年金のこと。保険には強制で支払わなければならないものと、任意で加入するタイプのものがあります。

以下、詳しくみていきます。

医療保険

・国民健康保険

会社員からフリーランスになったときに真っ先に手続きしておきたいのがこちら。

フリーランスは体が資本なので、体を壊した時、病院に行って治してもらおうにも、保険に入っていないと、とんでもない医療費を負担するハメになります。

まぁ、病気になってもならなくても、国民健康保険は毎月の支払額がとんでもないのですが。

保険料は所得の金額が関係してくるので、節税である程度は減額できますが、それにしても高いです。)

・医療保険

体が資本のフリーランスが気にしたいのが健康の話。将来に備えるために、最低限1つは、任意の医療保険に加入したほうが安心かも。

よほど健康に自信があるのであれば、医療保険に入らなくてもいいのかもしれませんが、人生何が起こると分からないもの。

私の場合は、月5,000円ほど、こくみん共済の医療保険に加入しています。

ガンなどの病気のときに保険金がおりるタイプのもので、確定申告のときに控除対象になるということで、こくみん共済の保険に入りました。

国民年金のお金とともに、毎月口座から強制引き落としされるようにしています。加入して以来、全く利用機会はありませんが、まぁ最悪への備えということで、お金を払っています。

年金関係

・国民年金

社会保障として強制徴収される国民年金。

気持よく払えないお金の1つではありますが、国民健康保険とあわせ、最低限支払っておきたい(払わなければいけない)お金です。

国民年金は一応控除の対象なので、その点が国民健康保険よりはマシです。「節税のために払う」くらいの意識でいると、それほどストレスにはならないかも。

・個人型確定拠出年金の掛金

最近注目しているのが、個人の年金。

自営業やフリーランスの方向け、老後の不安に備える個人の年金で、掛け金や運用方法は自分で決められるのが特徴。

まぁ生涯現役で働くなら年金のことはあまり考えすぎるのもアレですが、将来の不安を軽減するために検討する価値があるかも。

一応、こちらも控除対象になるため、節税のつもりで入ってみてもいいかなと考えています。

最後に

フリーランスとしてやっていくために、

1・所得税や国民健康保険料などの税金をきちんと払えること。

2・体を壊したさいのセーフティーネットを準備しておくこと。

この2つがしっかりしていれば、最悪持ち直せます。しかし、この2つを甘く見ていると、1つのトラブルで1発ノックアウト、最悪退場を余儀なくされてしまいます。

もちろん生活費の話もありますが。)

現実的に、保険で一番負担になるのが、国民健康保険の負担かもしれません。

厚労省統計によると健康保険の1人当たり平均で90万円(世帯平均は160万円くらい)かかっているそうですが、病院に行かないのに、保障のためだけに毎年90万円消えていくのは微妙な話。

しかし、国民健康保険は滞納が許されない実質上の税金のため、放置していると、強制徴収される危険があります。そうなると信用にも関わるので、結局は負担するハメになります。

この高すぎる国民健康保険をどうするかが重要で、保険の負担がフリーランスの暮らしに重くのしかかってきます。

業態によるがフリーランスでも比較的安い健康保険に入れるらしいですが、私の場合は国民健康保険1択。

支払いのときは、「うわっ、私の国保高すぎ・・・?」と憤慨してしまうことも。年金と保険料あわせると、結構な負担率になります(おまけに所得税や住民税も)。

フリーで暮らす場合、自分の体の保障を考えておくことと、保険料や年金を負担にどう対処するか、考えておくことが大切だと思います。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク