【2016年夏】読んでよかった本ランキングベスト10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひまわり

2016年夏(6月〜8月)、読んだ57冊の中から、良かった&面白かった本ベスト10をランキングでまとめているページです。

8月:21冊

7月:18冊

6月:18冊

1位

周作塾

文豪遠藤周作さんのエッセイ集。

「タメにならない」とタイトルについていますが、仕事、恋愛、願望実現、人生の様々な場面でタメになる話が満載のエッセイとなっています。

2位

これから、どう生きるのか

「人間関係」「お金」「仕事」「家族」「パートナーシップ」「時間」「健康」「運と運命」「生きる目的」この9つの視点で人生を見つめなおす本。

人生で何が大切なのか、何に意味があるのか、自分の生き方を見つめなおすための、かっこうの一冊となっています。

3位

「影」の心理学

ユング系心理学における「影」(シャドウ)について考察する本。この本では、自分の影に焦点を当て、影と付き合い、統合していくための考え方が分かりやすく述べられています。

4位

自分を動かす名言

古今東西の名言を、男と女、仕事、教育、読書、老いなど様々なテーマに分類、そのエッセンスを語っていく本。座右の銘となる素晴らしい言葉に出会える内容になっています。

5位

人生の教養が身につく名言集

古今東西の名著の中から人生に役立つ名言を厳選、「リアル人生に活かしていこう」という本。生き方や運、仕事、人間関係、人生の様々な場面で思い出したい名言が満載の内容になっています。

6位

自己愛モンスター

世の中にいる「私・私」とモンスター化してしまう人々の心理を読み解く本。この本を読めば、どこにでもいる自己中・自己愛過度な人の気持ちと心理が分かるかも。

7位

肩書き捨てたら地獄だった

東大卒&経済産業省というエリートコースを辿った著者が、自らの肩書&キャリアを捨て独立。

その経験をもとに、肩書なしで生きていくためにはどうすればいいか、自分の力で食っていくためにはどうすればいいかを語っている本。

官僚を辞めた理由や体験も面白いですが、「自分の足でしっかり立とうぜ!」という熱いメッセージが伝わってくる本になっています。

8位

逃げる自由

元アスリートの為末大さんの人生相談本。

仕事や人間関係、恋愛、人生で山積する様々な問題について、為末さんが独自の視点で悩み相談。「こんな考え方もあるんだな」と勉強になる内容になっています。

9位

ぐれる!

綺麗事・建前論を完全に排除、徹底的に人生のマイナスを見つめ、そこから本当の人生、生き方を考える本。こういう視点の本は面白いです。

10位

たった1分で人生が変わる筋トレの習慣

人生を変えるための筋トレのススメ的本。

筋トレを始めればいかに人生が変わるかなど、筋トレのポジティブな情報が満載。「よおし、今日から腕立て伏せ30回だ!」という気持ちになれる内容になっています。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク