【2016年冬】読んでよかった本ランキングベスト10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪原

2016年冬(12月〜2月)、読んだ39冊の中から、読んで良かった&ためになった本ベスト10をランキングでまとめているページです。

2月:12冊

1月:14冊

12月:13冊

1位

<ふつう>から遠くはなれて

哲学者、中島義道さんの名言集。

過去の著作から名言を抜粋、「死」、「悪」、「欠点」など10のカテゴリに分類。独特の切れ味のある言葉を味わうことができます。個人的にこういう名言集はとても好き。

2位

沈黙のWebマーケティング

マンガでSEO対策やウェブマーケティングについて分かりやすく学べる本。

「ボーン片桐」というマッチョな主人公の活躍を追いつつ、ネットビジネスで必要な真髄を理解することができます。

沈黙のWebライティングと合わせて読むとより理解が深まります。

3位

言葉一つで、人は変わる

野球の野村克也監督が、言葉の持つ力について説いている本。

いかに言葉が人を変えるか、人を成長させるか。言葉力の大切さが実感できるメッセージが満載です。

4位

恋愛の格差

恋愛と社会をテーマにしたエッセイ。

格差が進行している日本においてそれが恋愛にどんな影響を与えているのか、自分なりの幸せをみつけるためにどんな結婚をすればいいのかなど、この本を読むと将来を真面目に考えたくなります。

5位

人間力を高める読書法

ラジオ文化放送の人気番組「武田鉄矢今朝の三枚おろし」を書籍化。パーソナリティの武田鉄矢さんが読んだ本を紹介している本。

読書することの意味、楽しさが伝わってくる一冊です。

6位

これ、いったいどうやったら売れるんですか?

「腕時計をする人は少ないのになぜ腕時計のCMは増えているのか?」など、身近な事例をもとに、マーケティング知識を分かりやすく学べる本。

マーケティングとはどんなものなのか、その知識を具体的にどう生かせばいいのか、面白くてためになる話が満載です。

7位

超ソロ社会

日本に迫りくる独身者社会について考察している本。

独身社会日本の未来はどのようなものなのか、独身として生きていくことはどんなことなのか、独身の人生を幅広い視点で考察できる内容になっています。

8位

日本一売る技術

ヤマダ電機で年間個人売上No.1になったカリスマ店員が、凄腕の販売ノウハウを公開している本。

接客からクロージング、アフターフォローまで、ダントツの売上を出すノウハウをこの本で学べます。

9位

夢の叶え方を知っていますか?

ベストセラー作家が夢について考察している本。

なぜ多くの人は夢を持ちつつそれが実現できないのか、どんな夢なら実現することができるのかを考察。

夢を通じて人生を豊かにするためのヒントが満載です。

10位

欲望が男を変える

「欲を持つことで人は頑張ることができ成長できる。欲望を燃料に人生したいことを実現していこう、行動していこう!」

という、今時珍しいギラギラした自己啓発。

やる気が減って頑張れないとき、今の生活に満足しきって停滞しているとき、「それじゃダメだろ!」と喝とやる気を注いでくれる、栄養ドリンク的内容になっています。

2015年冬のランキングはこちら

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク