ミュージシャンの自宅スタジオ写真が満載。『プライベート・スタジオ作曲術』を読んで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プライベート・スタジオ作曲術 音楽が生まれる場所を訪ねて (P‐Vine BOOKs)

音楽が生まれるのはどのような場所なのか?

現役のミュージシャンがどのようなプライベートスタジオを持っているのかが分かるのがこの本。様々なミュージシャンの自宅スタジオ写真が満載の本『プライベート・スタジオ作曲術』です。

ホフ・デュランの小宮山雄飛やワールドスタンダードの鈴木惣一朗など、15名のミュージシャンの自宅スタジオが写真付きで公開されています。「へぇ、プロはこんな自宅スタジオを持っているのか」とすぐに読了。

イメージとしては、このサイトのようなミュージシャンの自宅スタジオ写真+インタビュー記事という感じ。

スタジオの写真を見ると、ギターにレコーダー、キーボード、CD、それぞれのミュージシャンの方が、いろんなこだわりを持っているのが伝わってきます。

ほか、写真でぱっと見ると、ミキサーやMTRを使っている人もいますが、多くのミュージシャンがロジックプロを使っているようで、写真にはMacのパソコンとロジックプロの画面が多々見つかります。

インタビュー記事ですが、インタビュアーの人がそれぞれのミュージシャンに、メインで使っている機材のこと、作曲の方法、音源、自宅スタジオの工夫など、いろんなことをインタビューしていますので、曲作りの発想が勉強になります。

写真はもちろん、インタビューともに、プロのミュージシャンの機材&仕事が見える、貴重な一冊でした。

本の詳細はこちら 

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク