相変わらずストーリーは意味不明だがこのテンションは最高だ。『ブルース・ブラザーズ2000』を観る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルース・ブラザース 2000 [DVD]

今作のキャストは前作以上。

音楽ファン必見のハチャメチャミュージックコメディ映画の続編『ブルース・ブラザーズ2000』の感想です。

あらすじ

前作から18年。刑務所に入っていたエルウッドは出所。しかし、相棒ジェイクの死を知る。

小父貴のカーティスも死に、エルウッドは天涯孤独に。途方にくれるエルウッドだが、バスターという変わった少年と出会う。

そこでエルウッドは、バンドを再結成しようと、カーティスの息子、ケイブル・チェンバレン(警察署長)に声をかけることに・・・。

トレイラーはこちら

感想など

映画のストーリーは相変わらず意味不明でしたが、キャストの凄さ、音楽の面白さに満足。

今作では、B.B.キングを始め、ギターの神様エリック・クラプトンも出演。最初は「クラプトンのそっくりさんだろ」と思っていたのですが、キャスト欄にクラプトンの名前が。

ほか、後期ビートルズにエレピプレイヤーとして参加していたビリー・プレストン、前作から引き続きアレサ・フランクリン、ジェームス・ブラウンなど、多数豪華キャストが出演しています。

映画の最後のバンド演奏は本当に素晴らしいかったです。それまでの映画のコメディ的ノリから一転、スペシャルバンドによる音楽が楽しめます。

スペシャルバンドの演奏シーン

じっくり物語に浸る映画ではありませんが、鑑賞後ほっこりする映画です。ともかく個性的で印象に残る作品です。

DVDはこちら

ブルース・ブラザース 2000 [DVD]

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク