【予算10万円以内】初心者がアコースティックギターを買うならどれがいい?国産ブランドおすすめ5本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アコギを弾く美女

アコースティックギターを弾きたい。

そういうときに大切なのが、最初に買うギター。

アコースティックギターは1万円で買うこともできますが、ギターはある程度価格と品質が比例してきます。

安いギターだと、音がよくなかったり、チューニングがしづらくなったりで、弾いていてもアコギの良さが分かりにくく、挫折してしまう原因になってしまいます。

そこで、最初に買う一本は、高級機種を買う必要はありませんが、ある程度の品質が担保されたアコギを選ぶことが大切になってきます。

注目は国産のアコギ

初心者用のアコースティックギターを買う場合、

1・1~3万の海外の激安アコギ(通販の激安ギターはやめた方がいいです)

2・5万以上~10万の国産アコギ

この2つの選択がありますが、アコギの良さを経験するなら、5万円以上のアコギを買うのが安心です。

1~3万円でギターを買うことができ、それらのギターは、一応アコギとしての体をなしています。

ところが、その価格帯だと、海外生産の粗悪品が混ざっていて、すぐチューニングが狂ってしまったり、弦高が高すぎて弾いていて楽しく練習できないギターが多いです。

結果的に「安物買いの銭失い」になってしまい、アコギを楽しむどころか、アコギの良さが分からないまま、挫折してしまうリスクが高いです。

弾きづらいギターは音も良くないですし、練習していても面白くないです。)

なので、「アコギを始めたい!できれば長く楽しめる趣味として始めたい!」という場合は、最低5万円以上の予算は確保したいところ。

値段相応、きちんと作られているギターを選ぶのが安心です。

どこのブランドがいい?

では具体的に、どのブランドでアコースティックギターを選べばいいのか?

そこで注目したいのはこちらの国産ブランドです。

・ヤマハ

・K.ヤイリ

・モーリス

・タカミネ

これらのブランドはどれも、品質が担保されており、10万以内の楽器でも、しっかり作られているので、いい音がします

私も最初に買ったアコギはモーリスの5万くらいのモデル。それを、7年使っていました。

国産のアコギは、作りが丁寧なものが多く、初めて買うアコギとしては、値段的、品質的に納得できるものが多いです。

1万~2万の激安モデルは海外の粗悪品が混ざっているので注意が必要です)

なので、

「アコースティックギターを始めたい。最初はどんなアコギを買えばいい?」

というときは、これらのブランドに注目してみると、失敗が少ないと思います。

それぞれのブランドの特徴はこのような感じです。

ヤマハ

よく「音に特徴がない」と言われすが、逆にいえば、とても無難で、当たりハズレがないブランドです。

音にクセがない分、初心者の方でもとっかかりやすいですし、音のバランスも良いです。

何より、価格相応、しっかりと作られているので、5万円以上のモデルを買えば、最初の一本として、長く使うことができます。

K.ヤイリ

岐阜県にある国産アコースティックギターの老舗ブランド。

全て手作りで作られているのが特徴で、10万円以内のギターなら合板になってしまいますが、それでも、いい音のアコギを買うことができます。

私もYW-1000を買ったとき、ヤイリのギターを5~6本試奏しましたが、7万円くらいのものから10万円くらいのものまで、どのギターも、個性的で魅力的な音がしました。

ちょっと予算を上げて、単板のモデルを買えば、一生使うことができます。

モーリス

長野県にあるアコースティックギターブランド。

70年代のフォークブームを牽引したブランドで、アリスの谷村新司さんや堀内孝雄さんが使ったブランドとして知られています。

私も最初のアコギはモーリスのアコギでしたが、リーズナブルな価格ながら、7年間みっちりお世話なりました。

安いモデルは国産ではなく中国産になるので、きちんとした入門アコギを買うなら、ある程度の予算を確保したいところ。

タカミネ

岐阜にある人気国産ブランド。「エレアコといえばタカミネ」というくらい、タカミネのアコギは評価が高いです。

エレアコながら生音の響きは普通のアコギのような豊かさがあり、エレアコとしてだけでなく、アコースティックギターとしても活躍します。

ヘッドのデザインが若干独特ですが、音、作りは安心の仕様。長く練習していくなら、タカミネのギターはチェックしておきたいところです。

初心者でも始めやすい安心のおすすめモデルは

以上がそれぞれのブランドの特徴になります。

基本的に、これらのブランドはきっちりとしたアコギ生産体制ができており、ノウハウも蓄積されているので、きちんとお金を出せば、「このギター、音ひどすぎ」なんてことはないです。

特に、10万円くらいのギターなら、入門用としては十分過ぎる音が楽しめるアコギを買うことができます。長く付き合える一本になると思います。

具体的にはどのモデルがいいのか、いくつかアコギをご紹介します。

ヤマハ

ヤマハ LL6 ARE

ヤマハの入門アコースティックギター。

こちらは「L」シリーズというヤマハの有名モデルで、トップは単板(イングルマンスプルース単板)を使用、リーズナブルな価格ながらバランスの良い音が味わえます。

また、このギターはピングアップも掲載されているので、エレアコとしても使えます。

値段:55,300円 (税込)

ヤマハ L Series LL16 ARE

ヤマハアコースティックギターの有名モデルである「L」シリーズのその2。

音のバランスと演奏性に配慮されたデザインが特徴のアコギで、最初の一本としては十分過ぎる内容です。

価格はLL6 AREよりも高いですが、その分、音もバッチリ。安心して使えるギターです。

値段:86,400円 (税込)

ヤマハの他のアコギをチェックする

K.ヤイリ

K.ヤイリ RF-K7-OVA

国産手工芸アコギの老舗、K.ヤイリの人気のKシリーズの入門ギター。

こちらはRFという抱えやすい、クラシックギターのようなデザインが特徴で、手が小さい方、女性でも弾きやすいアコギになっています。

値段:82,620円 (税込)

K.ヤイリ Angel Series RF-65

ヤイリの人気モデルRFシリーズの入門モデル。トップはスプルース単板にサイド&バックはマホガニー合板で、リーズナブルながら本格的なアコギの音が楽しめます

アコギを趣味として長く楽しみたい場合、これくらいのモデルから始めると長く続けられるので、アコギの良さ、楽しさが分かると思います。

値段:102,060円 (税込)

K.ヤイリの他のアコギをチェックする

タカミネ

タカミネ PTU10I TRD

タカミネの大人気シリーズPTU121Cのエレアコ。

コンパクトで持ちやすいボディに握りやすいネックと、初心者の方でも始めやすい入門の一本。エレアコでギターを始めるならタカミネが一番安心です。

値段:88,128円 (税込)

タカミネの他のエレアコをチェックする

最後に

アコースティックギターを買って趣味としてギターを始める。

アコギは練習してこそ上達するので、普段の練習で弾いていて楽しい、「いい音だな」と思うギターで始めるのが一番だと思います。

弾いていて楽しいギターだと、ただ単純に触っているだけでいい気持ちになれます。すると、練習も熱が入って、上達も早くなってきます。

ギターは価格相応、値段と音の良さが比例するところがあるので、しっかり作られた良い音がするアコギを選ぶのが安心です。

自分でアコギを弾けるようになれば、趣味として楽しめるだけでなく、人生が豊かになっていきます。一生続けられる、素晴らしい財産になります。

「アコースティックギターを始めたい。始めるなら、しっかり続けたい。最初のギターはどうやって選べばいい?」

という方は、参考にしてみてくださいね。

それでは良いアコギライフを。

アコギに挫折しない!練習の教本について

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク