『FF12 ザ ゾディアック エイジ』プレイ最終日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に続きFF12をプレイ。

クリア前に召喚ライセンスを獲得、滅びた都でカオスを撃破。

カオス討伐

その後ついにアルテマに挑戦。

道に迷い、何度もザコ敵にぬっ殺されそうになりつつボスエリアに到達。

アルテマとの激戦

が、あんまり強くなかった。

アルテマ討伐

後半になってくると、ウィルスが厄介。しかしそれを治療するアイテムがなかなか手に入らず。ショップでの購入場所がかなり分かりにくい・・・。

ショップ

ということで、クリア前にほぼしたいことはやり終えたので、いよいよ実質ラストダンジョンの場所へGo。

大瀑布へ

長くプレイしてきたこの物語も終了目前。

アーシェの語り

実質最後のダンジョンということで、本当に長かった。昔のゲームって、こういう作り込みがすごいなぁと改めて思います。

ダンジョン上階

この男が演じる役割は本当に複雑。

ジャッジ・ガブラス

とうとうレダスも自らの正体を明きらかに・・・。

レダスの正体

スキンヘッドに髭、ピンクのズボン、このイデタチもさることながら、やられたときの声が笑わせてくれるFF12きっての癒やしキャラのレダス。

しかし名言を連発するところがなかなか男気があって良いです。

レダスの語り

ということで、ボスをサクッと倒してクリア。

ファムフリート撃破

おまけのようなダンジョンへ乗り込み、最後のイベントを鑑賞。

兄と弟、2人の運命を分けたものは何だったのか。「大事なものほど守れない」という弟の言葉が重いですね。

兄と弟

ということで長かったFF12もこれにてクリア。

クリア

結局何時間プレイしたのか?

相当な時間、夢中になってプレイしていましたが、今11年ぶりに改めてFF12をクリアしてみると、それほどストーリーは悪くない気がしました。

そのことを含め改めて、FF12の感想を書いてみたいと思います。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク