読みたいと思った本、気になった本を読む。それによって

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本とコーヒー

読書を習慣的に始めてもうすぐ10年。

読書を始めた当初は自己啓発的な意味合いが強かったですが、日々本を買って読んでいくにつれ、最近は良い意味で気合が入らなくなったなと感じています。

読書をするというのは前向き、そんなことを連想しますが、別に何かを得るために読書をする必要はないと思います。

「本から学ぼう!」と気合を入れる必要はなくて、読みたいと思う本を読む。気になる本を読む。別に何を読んでもいい。

近頃は読みたい本、買いたいと思った本を乱読的に読んでいますが、先日読んだ『乱読のセレンディピティ』という本にも乱読が推奨されていてなんだか安心。

楽しいから読む。気になることがあるから読む。だから読書が習慣化していくのだと思います。

読書に意味を求めない

「○○のことが知りたい!」と思ってする読書というのは、ある意味予定調和。知りたいことを知り、そこで完了するので、予想以上の発見というか、驚きはありません。

でも、本屋さんをぶらついていて何となくタイトルが気になった本、ただ何気に読んでみた本のなかに、「今必要としている情報はこれだ!」というような発見があったりします。

これは不思議なことですが、だからこそ読書はとても面白い。読まずにはいられない。

(こういう感覚はネットでも同じで、ダラダラネットを見ていても、ふとある時、とても気になるキーワードを発見してそれを追っていくと、予想外の新しい発見があります。)

だから読書をするなら、「自己啓発」とか「自分磨き」とかそんなことを考えず、ただ読みたいと思う本を読んで、興味が湧いた本は、テキトーに自由に、好きに読めばいい。

それが自然なのかな、と思います。

読書で発見できるもの

本を乱読して気になる本を読んでいく。

そういうことを続けていると、それがどこかで線と線でつながるようになってきて、ある段階で、「自分はこういうものを求めていたんだ」という形になっていきます。

それこそが自分のテーマなのかもしれませんが、無意識的に乱読していると思えても、実はそこに一定の規則性があったりします。

こういうことを考えると、人の行動は本当に無意識的で、方向性があるものだなと驚いてしまいますが、少しづつ、パズルのピースを埋めるように、その過程を楽しめばいい。

そうしていると、読むべき本は読むことになるし、そこから面白い発見がいろいろあります。

この意味で、読書は出会いの一つですが、もし読書に「べき」論があるならそれは一つ。読みたいと思った本、気になった本を読むべき。

それが最大にして一番の読書の楽しみだと思います。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク