夏のガス代は冬の半分。札幌暮らしのキーワードはガス代かも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金

札幌暮らしも冬を越して春が来て、そしてもう夏がそこに。

東京、名古屋、京都、大坂、いろんな都市で暮らしましたが、5月6月になってくると、毎年暑くて死ねる時期がやって来ますが、札幌は同じ日本とは思えないほど、快適で過ごしやすい天気。

雨が続きましたが、すこぶる涼しい日々で、湿気も感じず、梅雨の時期のムシムシ感はなし。とてもさわやか、過ごしやすい土地だなぁと感じています。

ところで、先日5月分のガス代の請求書が郵便受けに。それを見ると、東京や大坂で暮らしていたときと同じくらい、5,000円程度に。

札幌で暮らし出して何より驚いたのは冬場のガス代の高さ(平均1万オーバー)で、いくら札幌の家賃が他の都会に比べ安いとは言え、「年中ガス代が1万超えてたらヤバイな」と心配してましたが、実際、ガス代がヤバくなるのは冬場のよう

まぁ、そりゃそうですが、一安心。冬はどうしても、ガス代が高騰してしまう前提で、暮らしの予算を考えた方がいいかもしれません。

さて、これからは札幌、北海道観光真っ盛りの季節。

大通や道庁、時計台の方をプラプラ歩くと、本当に賑やかですが、こんないい季節だからこそ、北海道のあちこちを観てまわりたいもの。

美味しいものを食べて良い景色を楽しんで、いろいろ楽しみたいものです。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク